女子ダブルスはガルシアとムラデノビッチのフランスペアが地元優勝 [全仏オープン]

女子ダブルスはガルシアとムラデノビッチのフランスペアが地元優勝 [全仏オープン]
全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月22日~6月5日/クレーコート)の女子ダブルス決勝で、第5シードのカロリーヌ・ガルシア/クリスティーナ・ムラデノビッチ(ともにフランス)が第7シードのエカテリーナ・マカロワ/エレナ・ベスニナ(ともにロシア)を6-3 2-6 6-4で下して地元優勝を果たした。試合時間は2時間5分。
 全仏オープンの女子ダブルスでフランス人同士のペアが優勝したのは、1971年のフランソワーズ・デュールとゲイル・シャンフロー以来となる。
 ガルシアはグランドスラムで初タイトルを獲得。ムラデノビッチはダニエル・ネスター(カナダ)とのコンビで2013年のウィンブルドンと14年の全豪オープンを制しているが、女子ダブルスでは初優勝となった。
 ふたりはシングルスにも出場していたが、第26シードのムラデノビッチは3回戦で第1シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)に4-6 6-7(10)で敗退。ガルシアは2回戦で第2シードのアグネツカ・ラドバンスカ(ポーランド)に2-6 4-6で敗れていた。
 ともに1993年生まれのムラデノビッチとガルシアのコンビは今シーズンから本格的にツアーに参戦し、4月から5月にかけてはチャールストン(WTAプレミア)、シュツットガルト(WTAプレミア)、マドリッド(WTAプレミア・マンダトリー)のクレーコート3大会を連続制覇。シュツットガルトとマドリッドの決勝では、世界ナンバーワンのマルチナ・ヒンギス(スイス)/サーニャ・ミルザ(インド)を破っていた。フェドカップ準決勝のオランダ戦では最終試合でキキ・バーテンズとリシェル・ホーヘンカンプのペアを4-6 6-3 6-3で破り、フランスを11年ぶりの決勝へ導いている。
 マカロワとベスニナは2013年にこの種目でのグランドスラム初優勝を果たしていたが、2014年の全米オープンに続く3勝目はならなかった。
テニスマガジン/Tennis Magazine)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 全仏オープン 錦織圭
THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2016年6月5日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「全仏オープン + 錦織圭」のおすすめ記事

「全仏オープン + 錦織圭」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「全豪オープン」のニュース

次に読みたい関連記事「全豪オープン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュース

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。