ダニエル太郎がスタコウスキーから2セット連取で日本が1勝目に王手 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ウクライナ]

ダニエル太郎がスタコウスキーから2セット連取で日本が1勝目に王手 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ウクライナ]
 男子テニスの国別対抗戦、デビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ウクライナ」(大阪・靭テニスセンター/9月16~18日/ハードコート)の第1試合で日本のダニエル太郎(エイブル/単88位)がウクライナのセルゲイ・スタコウスキー(単105位)と対戦。第1セットを7-6(4)で先取した日本が第2セットも7-6(2)で奪い、1勝目に王手をかけた。
 今シーズンのダニエルは、全豪オープン全仏オープンウィンブルドンで本戦に出場し、全仏でグランドスラム初勝利。8月にはコルデノンス(ATPチャレンジャー/4.25万ユーロ/クレーコート)で初優勝を果たしている。スタコウスキーとは今回が初対戦となる。
 30歳のスタコウスキーは2010年9月には世界ランク自己最高の31位をマークしており、ATPツアー通算4勝を挙げている。
 日本はイギリス・バーミンガムで行われたワールドグループ1回戦(3月4~6日/室内ハードコート)で前年優勝国のイギリスに1勝3敗で敗退。昨年に続いて残留をかけたプレーオフを戦っている。
 ウクライナはホームで行われたヨーロッパ・アフリカグループ1部の2回戦(ウクライナ・キエフ/7月15~17日/ハードコート)で、オーストリアを3勝2敗で倒してプレーオフ進出。4度目の挑戦で初のワールドグループ入りを目指している。
 デ杯は3日間にわたって行われる1チーム4人の団体戦(男子国別対抗戦)。初日に「シングルス1、シングルス2」の2試合、2日目にダブルス1試合、最終日に「シングルス1同士」「シングルス2同士」の対戦(リバースシングルス)が行われる。全5試合のうち、先に3勝したチームが勝者となる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 全豪オープン 決勝
  2. 全豪オープン 錦織圭
THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2016年9月16日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「全豪オープン + 錦織圭」のおすすめ記事

「全豪オープン + 錦織圭」のおすすめ記事をもっと見る

「全豪オープン + 決勝」のおすすめ記事

「全豪オープン + 決勝」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュース

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら