ダニエルに続いて西岡も!日本が2連勝でワールドグループ残留に王手 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ウクライナ]

ダニエルに続いて西岡も!日本が2連勝でワールドグループ残留に王手 [デ杯ワールドグループ・プレーオフ 日本対ウクライナ]
 男子テニスの国別対抗戦、デビスカップ・ワールドグループ・プレーオフ「日本対ウクライナ」(大阪・靭テニスセンター/9月16~18日/ハードコート)は初日の2試合を終え、日本が2勝0敗とリードし、ワールドグループ残留に王手をかけた。

 日本は第1試合でダニエル太郎(エイブル)がセルゲイ・スタコウスキーを7-6(4) 7-6(2) 6-1のストレートで下すと、続く第2試合も西岡良仁(ヨネックス)がイリヤ・マーチェンコを6-4 5-7 6-4 7-5で退け、2連勝を飾った。

◇  ◇  ◇

 大事な第1試合、ウクライナはアルテム・スミルノフに代えて、スタコウスキーを起用してきた。体調不良が理由だが、錦織温存で勝負をかけてきたのだろう。だが、「そう思っていたから、特に驚きはなかった」とダニエル。相手が321位から105位に代わっても、ダニエルは落ち着き、自分のプレーに徹した。

 第1セットは3-5の劣勢から5-5に追いついてタイブレークに突入。ポイント2-4から一気の5ポイント連取で決着をつけた。第2セットは緊迫したサービスキープが続き、お互い譲らす、ふたたびタイブレークに入ったが、ここでもダニエルが7-2でものにして2セット連取に成功。スタコウスキーに逆襲のチャンスを与えなかった。

エースもあったが、ミスも多かったスタコウスキー

 ふたつのタイブレークを落としたスタコウスキーの落胆は明らかだった。「(ダニエルが)どんなボールでも返してきた。大事なところでボレーを決めきれなかった」と敗因を口にした。第3セットのミスは早く、動きは鈍く、1ゲームをとるのがやっと。最後はダニエルが勝利の雄叫びをあげ、日本が幸先よく初戦をものにした。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 西岡良仁 twitter
THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2016年9月16日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「西岡良仁 + twitter」のおすすめ記事

「西岡良仁 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ダニエル太郎」のニュース

次に読みたい関連記事「ダニエル太郎」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら