ジョコビッチの初戦は難敵ベルダスコ、マレーとフェデラーは同じブロックに [全豪オープン]

ジョコビッチの初戦は難敵ベルダスコ、マレーとフェデラーは同じブロックに [全豪オープン]
 6度にわたり全豪オープンを制したノバク・ジョコビッチ(セルビア)は、ドロー抽選でフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)という1回戦の相手としてはかなり厳しい相手を引き当てた。また、故障による活動休止でランキングを落としていたロジャー・フェデラー(スイス)は、第1シードのアンディ・マレー(イギリス)、第5シードの錦織圭(日清食品)、第10シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)のいる厳しいブロックに入った。
 シーズン最初のグランドスラム大会のドロー抽選は、第2シードのジョコビッチに厄介な相手を割り当てた。ベルダスコは昨年の全豪1回戦でラファエル・ナダル(スペイン)を破るという番狂わせをやってのけた男。まだ先週のドーハ準決勝で、最終的にジョコビッチに敗れる前に5つのマッチポイントを握っていたジャイアントキリングの常連だ。
 また、全豪で6度の優勝経験を持ち、今大会で23番目のグランドスラム・シングルス・タイトルを狙っているセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)は昨年第12シードがついていた19歳のベリンダ・ベンチッチ(スイス)という、やはり骨の折れる相手を引き当てた。また、セレナのいるブロックには、第9シードのジョハナ・コンタ(イギリス)、第17シードのカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)、第6シードのドミニカ・チブルコバ(スロバキア)がいる。
 昨年の決勝でセレナを破って自己初のグランドスラム・タイトルを獲得した第1シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)は、1回戦でレシヤ・ツレンコ(ウクライナ)と対戦する。ツレンコはやはりブリスベンでも棄権の原因となったウイルス性疾患を理由に、ホバートの準決勝を棄権していた。彼女は全豪の試合までに回復できるよう祈っていると話している。

あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2017年1月14日のスポーツ総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「全豪オープン + 決勝」のおすすめ記事

「全豪オープン + 決勝」のおすすめ記事をもっと見る

「全豪オープン + 錦織圭」のおすすめ記事

「全豪オープン + 錦織圭」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュース

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。