オーストラリアとルーマニアの選手が賭けで出場停止処分

オーストラリアとルーマニアの選手が賭けで出場停止処分
 ふたりのランキング下位のテニス・プレーヤーが試合に金を賭けた不正行為のため、出場停止処分を言い渡された。
 テニス界の不正を調査するテニス・インテグリティ・ユニット(TIU)によれば、ルーマニアのミハイタ・ダミアンが2011年から2013年にかけて199の賭けを行なったとして、1年の出場停止処分と5000ユーロの罰金を科せられた。23歳のダミアンはダブルス・ランキングで1645位だった。
 TIUはまた、オーストラリアの男子プレーヤー、カラム・パターギルが2012年から2014年にわたりオンライン・アカウントを使ってテニスの賭けを行なっていたとして、6ヵ月の出場停止処分と1万ドルの罰金を科せられたと発表した。
 23歳のパターギルの処罰は、もし彼が6月11日までにさらなる違反行為をしなければ半分に軽減される。彼は世界ランキング1207位に位置している。
 この双方のプレーヤーのどちらもが、自分自身の試合には賭けていなかった。(C)AP

あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2017年1月14日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。