内山靖崇が準決勝へ、杉田祐一と綿貫陽介は敗退 [島津京都チャレンジャー]

内山靖崇が準決勝へ、杉田祐一と綿貫陽介は敗退 [島津京都チャレンジャー]
「第53回 島津全日本室内テニス選手権大会(京都チャレンジャー)」(本戦2月20~26日/賞金総額:男子5万ドル/島津アリーナ京都/室内カーペットコート)の本戦5日目は、シングルス準々決勝4試合とダブルス準決勝2試合が行われた。
 シングルスの日本勢は、内山靖崇(北日本物産)が予選勝者のエフゲニー・カルロフスキー(ロシア)を6-4 6-4で倒してベスト4に進出。昨年の大会で2度目の優勝を飾った第1シードの杉田祐一(三菱電機)と昨年の全日本チャンピオンでワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した18歳の綿貫陽介(グローバルプロテニスアカデミー)は敗れた。
 内山は準決勝で、チェン・ティ(台湾)を6-4 6-4で破って勝ち上がった第2シードのグレガ・ゼムラ(スロベニア)と対戦する。
 ダブルスでは、第1シードのサンチャイ・ラティワタナ/ソンチャット・ラティワタナ(ともにタイ)がルベン・ゴンサレス(フィリピン)/シェイ・チェン ペン(台湾)を6-4 7-6(3)で、ルベン・ビーママンズ/ヨリス・デ ルール(ともにベルギー)は第2シードのマーク・ポルマンス/ルーク・サビル(ともにオーストラリア)を6-4 6-2で破り、それぞれ決勝進出を決めている。
 2月25日(土)は11時30分からシングルス準決勝2試合、14時30分以降にダブルス決勝が行われる予定となっている。
※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者

あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2017年2月24日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら