ナダルがゴファンを下して決勝進出も、判定に物議 [モンテカルロ・ロレックス・マスターズ]

ナダルがゴファンを下して決勝進出も、判定に物議 [モンテカルロ・ロレックス・マスターズ]
 モナコ・モンテカルロで開催されている「モンテカルロ・ロレックス・マスターズ」(ATP1000/4月16~23日/賞金総額427万3775ユーロ/クレーコート)のシングルス準決勝で、ディフェンディング・チャンピオンで第4シードのラファエル・ナダル(スペイン)が第10シードのダビド・ゴファン(ベルギー)を6-3 6-1で破り、大会11度目の決勝進出を決めた。
 決勝は、もうひとつの準決勝で第11シードのルカ・プイユ(フランス)を6-3 5-7 6-1で倒した第15シードのアルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)とのスペイン人対決となった。
 スコア上はナダルの一方的な試合に見えるが、第1セット第6ゲームで起こった、主審であるセドリック・ムーリエ氏の物議を醸し出す判定により、ゴファンの勢いが止まったことが試合に影響した。本来であれば、ゴファンがサービスゲームをキープして4-2リードとなるところだったが、ポイントのやり直しを要求されたのだ。
「突然、主審にあのようなミスをされると本当にきついよ。あのようなことが起こると、もう一度集中して気持ちを立て直さなければならないからね。それはかなりたいへんだよ」とゴファンはコメントした。
 ゴファンは、ムーリエ氏が示したボールの跡が実際のものとは違うもので、あいまいな判定を下したことに激怒している。「彼は僕にボールの跡を示してきたけど、僕には何かわからなかった。彼の顔は動揺して自信のない感じだったよ」とゴファンはそのときを振り返った。

あわせて読みたい

気になるキーワード

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2017年4月23日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「フェデラー」のニュース

次に読みたい関連記事「フェデラー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ノバク・ジョコビッチ」のニュース

次に読みたい関連記事「ノバク・ジョコビッチ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ロジャー・フェデラー」のニュース

次に読みたい関連記事「ロジャー・フェデラー」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。