ジャバーが夢の全仏で、宗教とスポーツをやりくり

ジャバーが夢の全仏で、宗教とスポーツをやりくり
「全仏オープン」2回戦でドミニカ・チブルコバ(スロバキア)を破ったオンス・ジャバー(チュニジア)。グランドスラム大会の3回戦に進出した初のアラブ人女性となった
 フランス・パリで開催されている「全仏オープン」(5月28日~6月11日/クレーコート)の女子シングルス2回戦。
 スポーツと信仰をやりくりすることが、オンス・ジャバー(チュニジア)が全仏オープンで夢のスタートを切る助けとなった。
 初のロラン・ギャロス(全仏)のシングルス本戦をプレーしているジャバーは、水曜日に第6シードのドミニカ・チブルコバ(スロバキア)をストレートで下し、キャリア初のグランドスラム大会3回戦に進出した。
 チュニジア人である彼女はイスラム教徒だが、先の金曜日に始まり、6月24日に終わるラマダンの間(約1ヵ月、日中の飲食を断ち、神の恵みに感謝する、イスラム教徒の義務のひとつ)、大会中は絶食を行わない。
 ジャバーは反対に、大会後に罪滅ぼしを行う、ある種のクレジット(執行猶予)システムを使うと言った。
「ラマダンについて考えるのは難しいわ」と、ジャバー。「私は食べても飲んでもいけないのだけれど、それを30日連続で行うことはできない。でも次のラマダン前に間違いなくやらなくてはいけないの」
 22歳のジャバーは、全仏が始まる前には、グランドスラム大会でたった2試合をプレーしたことがあるだけで、ほかの選手が棄権したためのラッキールーザーとして全仏出場権を得たにすぎなかった。しかし彼女は、このチャンスに怖気づきはしなかった。
 ジャバーはチブルコバに6-4 6-3で勝ち、グランドスラム大会の3回戦に進出した初のアラブ人女性となった。彼女はまた、ロラン・ギャロスでそれをやってのけた20年ぶりのラッキールーザーでもある。

あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2017年6月1日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「全仏オープン + 錦織圭」のおすすめ記事

「全仏オープン + 錦織圭」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「全豪オープン」のニュース

次に読みたい関連記事「全豪オープン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュース

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。