ワウリンカ、チリッチ、錦織らが3回戦へ、ベルディヒとフェレールはシードダウン [全仏オープン]

ワウリンカ、チリッチ、錦織らが3回戦へ、ベルディヒとフェレールはシードダウン [全仏オープン]
※写真は「全仏オープン」(フランス・パリ)で3回戦に進出した2015年覇者のスタン・ワウリンカ Photo:PARIS, FRANCE - JUNE 01: Stan Wawrinka of Suitzerland stretches to hit a forehand during the men's singles second round match against Alexandr Dolgopolov of Ukraine on day five of the 2017 French Open
全仏オープン」(フランス・パリ/本戦5月28日~6月11日/クレーコート)の男子シングルス2回戦で、第3シードのスタン・ワウリンカ(スイス)がアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)を6-4 7-6(5) 7-5で破り、3回戦に駒を進めた。試合時間は2時間34分。
 全仏オープンに13年連続出場となるワウリンカは、2015年の決勝でノバク・ジョコビッチ(セルビア)を倒して2度目のグランドスラム制覇を達成。昨年は準決勝で、アンディ・マレー(イギリス)に4-6 2-6 6-4 2-6で敗れていた。前週のジュネーブ(ATP250/クレーコート)では決勝でミーシャ・ズベレフ(ドイツ)を下し、地元スイスで大会連覇を達成していた。
 そのほかの試合では、第7シードのマリン・チリッチ(クロアチア)、第8シードの錦織圭(日清食品)、第21シードのジョン・イズナー(アメリカ)、第29シードのフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)、フェリシアーノ・ロペス(スペイン)、カレン・ カチャノフ(ロシア)、チョン・ヒョン(韓国)が3回戦に進出。シード勢では第13シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)がカチャノフに5-7 4-6 4-6で、第30シードのダビド・フェレール(スペイン)はロペスに5-7 6-3 5-7 6-4 4-6で敗れた。
※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Ret.は途中棄権

あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2017年6月1日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「全仏オープン + 錦織圭」のおすすめ記事

「全仏オープン + 錦織圭」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「全豪オープン」のニュース

次に読みたい関連記事「全豪オープン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュース

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。