ウィンブルドンV8達成、チリッチの悔し涙に同情しなかったフェデラーの品格

ウィンブルドンV8達成、チリッチの悔し涙に同情しなかったフェデラーの品格
「ウィンブルドン」決勝でマリン・チリッチ(クロアチア)を倒し、大会8度目の優勝を飾ったロジャー・フェデラー(スイス)
 イギリス・ロンドンで開催されたウィンブルドン(本戦7月3~16日/グラスコート)は最終日、男子シングルス決勝とミックスダブルス決勝が行われ、第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)が第7シードのマリン・チリッチ(クロアチア)を6-3 6-1 6-4で破り、男子シングルスで史上最多の8度目の優勝を果たした。
◇     ◇     ◇
 敗れたチリッチに涙はなかった。悔し涙は試合の途中ですでに流したのだろう。ベンチで肩を震わせ、すっぽり被ったタオルを剥いだときにその目は充血していた。
「こんな最高の舞台で自分のベストが出せないのは、本当に辛かった」
 左足底にできた水膨れがつぶれ、その痛みは特に左右の動きに影響が出ていたという。しかし一番のダメージは精神面にきたのではないだろうか。フェデラーもあとで、「動きに大きな影響があったとは思わない。サービスも相変わらずよかった」と言っている。ただ、前日も大会のフィジオとドクターがほとんど付きっきりで治療にあたったという状況で、不安は簡単に拭えないし、その状態で試合に集中できるわけはなかった。
 ここまでの6試合、特にジル・ミュラー(ルクセンブルク)との準々決勝とサム・クエリー(アメリカ)との準決勝で、ビッグサーバーとの対決に研ぎ澄まされた集中力を発揮したチリッチ。しかし、その集中力を欠いては、グランドスラムの決勝を知り尽くすフェデラーと勝負することはできなかっただろう。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ウィンブルドン 女子
  2. ウィンブルドン 決勝
THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2017年7月17日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ウィンブルドン + 決勝」のおすすめ記事

「ウィンブルドン + 決勝」のおすすめ記事をもっと見る

「ウィンブルドン + 女子」のおすすめ記事

「ウィンブルドン + 女子」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「全豪オープン」のニュース

次に読みたい関連記事「全豪オープン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら