チチパスが「父親の靴紐を借りて」実現したジャイアント・キリング

チチパスが「父親の靴紐を借りて」実現したジャイアント・キリング
「成都オープン」でバックハンドの返球を試みるステファノス・チチパス
「次世代の期待の星」との呼び声の高いステファノス・チチパス(ギリシャ)が「ヨーロピアン・オープン」でまたもや、ジャイアント・キリングをやってのけた。しかも、靴紐の切れるアクシデントを「父親の靴ひもを借りて」乗り越えたエピソードつきで、だ。
ATPによると、チチパスが「ヨーロピアン・オープン」でダビド・ゴファン(ベルギー)と対戦中に、スライディングをきっかけに左のシューズの靴紐を切ってしまうアクシデントに見舞われたという。
この窮地を救ったのが、チチパスの父親。チチパス自身はその靴紐を借りてなんとかプレーに復帰したという。そして、第2セットの終了時までには、靴紐を交換した左足のシューズもなじみ、最終的には2-6、7-6(1)、7-6(4)のフルセットでゴファンを下した。試合時間2時間33分だった。
ちなみに、「上海ロレックス・マスターズ」でATPワールドツアー本戦の初勝利を収めたばかりだが、ゴファンとの試合が世界ランキングトップ10に入る選手に対する初勝利だった。
チチパスは自身は「プレーに心から満足していて、この勝利はとても大きいです。今日のような、あるいは今日を上回るプレーを続ければ、事は成るでしょう。じっくり臨んでいきます」と、準決勝や決勝への進出、そしてさらなる先を見据えて語っている。
一方、ゴファンも「ATPファイナルズ」の出場権獲得をかけた争いに挑んでいる。「深センオープン」と「楽天ジャパンオープン」に連続優勝しているゴフィンは、2,750ポイントで現在は8位につけており、出場権を獲得できるかギリギリで争っているところだ。...続きを読む

あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2017年10月23日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。