躍進のベネトー、フランス代表に返り咲き[デビスカップ・決勝]

躍進のベネトー、フランス代表に返り咲き[デビスカップ・決勝]
「ロレックス・パリ・マスターズ」で奮闘するジュリアン・ベネトー
ジュリアン・ベネトー(フランス)は今月の「ロレックス・パリ・マスターズ」での活躍を受け、「デビスカップ・決勝」の対ベルギー戦に向けフランス代表に返り咲いた。ベネトーは火曜、ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)、ルカ・プイユ(フランス)、ニコラ・マウ(フランス)、ピエール ユーグ・エルべール(フランス)、リシャール・ガスケ(フランス)と並んでヤニック・ノア監督(フランス)により選出された。これらの選手は全員、今年いずれかの時点でフランス代表として戦っている。ノア監督は「コンパクトなチームだ。選んだ6人は戦える選手だ」と語った。ベネトーは「ロレックス・パリ・マスターズ」ではツォンガ、ベルギートップ選手のダビド・ゴファン(ベルギー)、マリン・チリッチ(クロアチア)を下した。ランキング57位のベネトーはダブルス経験も豊富だ。
ノア監督は「ベネトーが枠に入った。私たちもみんな驚いたが、彼自身もびっくりだろう」と述べた。ランキング15位のツォンガと18位のプイユがシングルスの試合を率い、ベネトーとガスケが控えとなる見通し。今週、ダブルスでロンドンでの「ATPファイナルズ」を戦っているエルベールとマウもチームに選ばれた。「彼らは準備期間中ずっと不在だが、相手もプレーヤー1人が抜けていて同じ問題を抱えている」とノア監督は語った。シングルスの試合のためロンドンにいるゴファンのことだ。ベルギーにはランキング8位のゴファン、スティーブ・ダルシー(ベルギー)、ルベン・ビーママンズ(ベルギー)、アーサー・デ グリーフ(ベルギー)がいる。オーストラリアを準決勝で破ったチームだ。ベルギー連盟によると、怪我のため長期間出場停止で準決勝に出られなかったヨリス・デ ルール(ベルギー)も、フランス戦では参加する予定。「敵はゴファン1人にかなり頼っている」とノア監督は言う。「我々には首位の座を奪う力がある。来週ベストの

あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2017年11月16日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら