ケビン・アンダーソンの飛躍を支えた兄弟の姿

ケビン・アンダーソンの飛躍を支えた兄弟の姿
「全米オープン」で準優勝のトロフィーを手にしたケビン・アンダーソン(左)
2017年の「全米オープン」の決勝戦では、グランドスラムの上位争いでは最早お馴染みのラファエル・ナダル(スペイン)と、自身初のグランドスラムの決勝に進出したケビン・アンダーソン(南アフリカ)との対決だった。
結果そのものは、ナダルが6-3、6-3、6-4として、ストレートで優勝をさらっていったものの、アンダーソンにとって、「全米オープン」決勝の試合に臨めたこと自体は、飛躍だったと言って差し支えないだろう。昨年は怪我に苦しんだものの、克服して実現した、驚嘆のカムバックだった。
ただ、同選手の躍進をどう読み解けばいいのか?テニスファンならずとも、疑問を抱くかもしれない。が、その背景を読み解くカギはどうやら、「兄弟」にありそうだ。ライフスタイル誌のWAGが報じている。
■「アンダーソン兄弟」が臨んだ全米オープン
ケビン・アンダーソンは現在31歳で、2017年12月11日付けのランキングでは、14位。2メートル3センチの長身から繰り出されるサーブを主な武器としており、自身の最高順位は、2015年10月に記録した10位で、なんとかトップ10に入ったことのあるベテランという趣の選手だ。
そのケビンは、初めての「全米オープン」決勝への進出について、「決勝戦まで行けたのは素晴らしい成果だ」とし、「ナダルはテニス史上最高の選手の1人だが、あの2週間で多くを学んだ。また決勝戦まで行って、自分を試してみたい」と話すなど、さらなる活躍を求めているところだ。
THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2017年12月16日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。