全仏覇者オスタペンコは大会初戦をストレート突破[サンクトペテルブルク・レディース・トロフィー]

全仏覇者オスタペンコは大会初戦をストレート突破[サンクトペテルブルク・レディース・トロフィー]
「ウィンブルドン」でのエレナ・オスタペンコ
エレナ・オスタペンコ(ラトビア)が1月31日、「サンクトペテルブルク・レディース・トロフィー」(ロシア・サンクトペテルブルク/本戦1月29~2月4日/ハードコート)の2回戦でベラ・ズボナレワ(ロシア)と対戦し、大会初戦を勝利で飾った。カウントは7-6(6)、6-3、試合時間は1時間39分だった。
オスタペンコは、打てるボールは全て打ち込む、超攻撃的ハードヒッターで、ミスも多いがエースも量産する、20歳。2017年は「全仏オープン」での優勝を経験したほか、1月29日付けのランキングで6位と自己最高の順位に現在はつけている。今大会でも第2シードでの出場だ。
対するズボナレワは、1月29日付けのランキングでは197位だが、キャリアを通じて12個のタイトルを持っているベテランの33歳だ。今大会にはワイルドカードでの出場となっている。
◇   ◇   ◇
試合では、オスタペンコとズボナレワはお互いに、ブレークし合う、激しい展開で1セット目を推移。先行したのはズボナレワで、3ゲーム目にブレークし、1ブレークアップのリードを築いた。
さらに5ゲーム目でも、ズボナレワは、オスタペンコのドロップショットに反応して、ネットにつくと、自身のバックハンドの後方へ上がったロブを、スイングボレーでオープンコートに返球してポイントするなどし、2ブレークアップのリードとした。
しかし、オスタペンコは、得意のハードヒットを駆使して、巻き返しを図った。6、10ゲーム目でズボナレワのサービスをブレークし、イーブンに戻したほか、直後にブレークバックを許せば、すぐさまズボナレワのリードを帳消しにするブレークで応戦。1セット目の決着はタイブレークにもつれ込んだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 全仏オープン 錦織圭
THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2018年2月1日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「全仏オープン + 錦織圭」のおすすめ記事

「全仏オープン + 錦織圭」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「全豪オープン」のニュース

次に読みたい関連記事「全豪オープン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュース

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら