ビーナスはコンタベイトに阻まれ上位進出ならず[BNL イタリア国際]

ビーナスはコンタベイトに阻まれ上位進出ならず[BNL イタリア国際]
コンタベイト戦でのビーナス・ウイリアムズ
ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)は17日、「BNL イタリア国際」(イタリア・ローマ/5月14日~5月20日/クレーコート)シングルス3回戦でアネット・コンタベイト(エストニア)との試合に臨んだが、黒星を喫し上位への進出を阻まれた。スコアは2-6、6(3)-7、試合時間は1時間19分だった。
ビーナスは現在、ランキングでは9位につけており、今大会でも第8シードとなっている一方で、コンタベイトはランキング26位と、順位ではビーナス優位の対戦カードとなった。
しかしゲームが始まるとビーナスは、優位に立てない苦しい立場で試合を進めなければならなかった。自身最初のサービスゲームとなった1ゲーム目はキープしたものの、2度目のサービスでピンチに。
30-0と先行したもののビーナスはデュースに入ると、コンタベイトにバックハンドでのウィナーを許し、ブレークのピンチ。続くポイントでも、コンタベイトのバックハンドでのストロークが空いたスペースに突き刺さり、ブレークとなった。
第1セットでは、コンタベイトが7ゲーム目でもブレークに成功し、そのままセットアップのリードを確かなものにした。
第2セットでは、ビーナスが序盤で1ブレークを達成し優位に立つも、均衡を取り戻す展開となった。コンタベイトが5ゲーム目にラブゲームでブレークすると、いずれの選手も追加のブレークを達成できずに、タイブレークにもつれ込んだ。
その中でコンタベイトは自身のサービスのポイントをほとんど失わずに、次々とミニブレーク。結局、7-3でコンタベイトがタイブレークを制して、白星を掴んだ。
コンタベイトは次に、カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)と試合に臨む予定だ。
テニスデイリー編集部)
※写真はコンタベイト戦でのビーナス・ウイリアムズ(Photo by Dean Mouhtaropoulos/Getty Images)

あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2018年5月18日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら