【5月17日ローマまとめ】錦織が快勝してベスト8に。ナダルは13回目、A.ズベレフも激戦を経て準々決勝進出。女子はハレプ、スビトリーナ、シャラポワが準々決勝進出

【5月17日ローマまとめ】錦織が快勝してベスト8に。ナダルは13回目、A.ズベレフも激戦を経て準々決勝進出。女子はハレプ、スビトリーナ、シャラポワが準々決勝進出
コールシュライバーに完勝しベスト8を決めた錦織圭
5月17日、「男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 ローマ」(イタリア・ローマ/5月13日~5月20日/クレーコート)男子シングルス3回戦、ダブルス2回戦が行われた。
ファビオ・フォニーニ(イタリア)対ペーター・ゴヨブチック(ドイツ)は、第1セットの第6ゲームでフォニーニがブレークをすると、続けて4ゲーム連取して第1セットを先取。続く第2セットも取り、準々決勝進出を決めた。
ラファエル・ナダル(スペイン)対デニス・シャポバロフ(カナダ)の試合は、第1セットはスコアこそ6-4と拮抗していたが、ナダルは自身のサービスゲームでは第8ゲームまでシャポバロフに1ポイントも与えないほぼ完璧なディフェンスだった。第7ゲームでブレークしたナダルが守り切り第1セットを取ると、第2セットは第1ゲームからブレークを取り、ナダルのワンサイドゲームとなった。ナダルは10年連続、13回目の準々決勝進出を決めた。
フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)とダビド・ゴファン(ベルギー)の試合は、第2セット途中でデル ポトロが棄権をしたため、ゴファンが勝ち上がった。デル ポトロはダブルスにも出場予定だったが、こちらも棄権をしたため、マルク・ロペス(スペイン)/フェリシアーノ・ロペス(スペイン)組が準々決勝へ進出している。
カイル・エドマンド(イギリス)対アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)は、エドマンドに追いつかれてから第11ゲームで再びブレークをしたズベレフが、もつれながらも第1セットを奪った。第2セットは第10ゲームでエドマンドがセットポイントを握る。しかしズベレフが持ちこたえ、タイブレークへ。3本のマッチポイントを持っていたズベレフだがエドマンドに追いつかれ、ラケットを投げるなど苛立ちを隠せない。さらにゲームはシーソーゲームの様相となり、ついに8回目のマッチポイントを握ったズベレフがようやく試合を決めた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2018年5月18日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ロジャー・フェデラー」のニュース

次に読みたい関連記事「ロジャー・フェデラー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「フェデラー」のニュース

次に読みたい関連記事「フェデラー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アンディ・マレー」のニュース

次に読みたい関連記事「アンディ・マレー」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら