ディミトロフはジョコビッチにストレート黒星で2回戦敗退[男子テニスATPワールドツアー500 ロンドン]

ディミトロフはジョコビッチにストレート黒星で2回戦敗退[男子テニスATPワールドツアー500 ロンドン]
試合後に健闘を讃え合うディミトロフ(右)とジョコビッチ(左)
「男子テニスATPワールドツアー500 ロンドン」(イギリス・ロンドン/6月18~24日/芝コート)大会4日目となった6月21日、世界5位で第2シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)は、元世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)との2回戦でストレートでの敗戦を喫した。スコアは4-6、1-6、試合時間は1時間5分だった。
ディミトロフは、ダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)を6-3、6(4)-7、6-3のフルセットで、ジョコビッチはジョン・ミルマン(オーストラリア)を6-2、6-1で撃破して勝ち上がってきている。
試合では実績と実力のある選手同士の試合らしく、お互いになかなか隙を見せず、決定的なリードを許さずに第1セットは推移した。ディミトロフも、ジョコビッチも相手にブレークポイントを与えずに、9ゲームをキープ合戦で消化した。
第1セットが動いたのは第10ゲーム。ディミトロフは自身のサービスで、ダブルフォルトやネットなどミスを重ねた。さらに、ネットにつこうとしたところを、ジョコビッチのパッシングに抜かれ、3ブレークポイントのピンチとなった。
ディミトロフはそのピンチに、2ポイントを連取したものの、守り切れずに、ジョコビッチにブレークを許し、4-6で第1セットを失った。
第2セットに入ると、ディミトロフは流れをつかめずに、試合もジョコビッチの一方的な展開に。第3ゲームを終えるまでは、両選手ともにキープしたものの、ディミトロフが第4ゲームでサービスゲームを失うと、第6ゲームも簡単に締められずに、30-30に。

あわせて読みたい

気になるキーワード

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2018年6月22日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「国枝慎吾」のニュース

次に読みたい関連記事「国枝慎吾」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「フェデラー」のニュース

次に読みたい関連記事「フェデラー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ロジャー・フェデラー」のニュース

次に読みたい関連記事「ロジャー・フェデラー」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら