元世界47位の添田豪が予選2回戦へ進出。内山、綿貫は予選1回戦で敗退[ウィンブルドン予選]

元世界47位の添田豪が予選2回戦へ進出。内山、綿貫は予選1回戦で敗退[ウィンブルドン予選]
「ウィンブルドン」予選1回戦を突破した添田豪
6月25日、「ウィンブルドン」本戦出場をかけ男子シングルス予選1回戦と男子ダブルス予選1回戦が行われた。
男子シングルス予選1回戦で、世界238位(ランキングは6月25日時点)の内山靖崇(日本/北日本物産)が226位のコンスタント・レスティエンヌ(フランス)に5-7、0-6で敗れ、予選1回戦で姿を消すこととなった。
世界181位の添田豪(日本/GODAI)は120位のHugo Dellien(ボリビア)に6-4、6-2で勝利。3年ぶりの本戦出場に向けて第一歩を踏み出した。
2016年にプロへ転向し20歳で世界271位の綿貫陽介(日本/日清食品)は285位のベンジャミン・ボンジ(フランス)に6-4、4-6、2-6と逆転負け。初めてのグランドスラム挑戦は残念ながら予選1回戦で敗退となった。
そのほか、世界167位の伊藤竜馬(日本/北日本物産)が240位のドミニク・コプファー(ドイツ)に4-6、3-6で敗れ、214位の守屋宏紀(日本/北日本物産)は131位のビヨン・フラタンジェロ(アメリカ)に6(5)-7、1-6で敗れた。これで、男子シングルス予選では添田のみ予選2回戦へ進むこととなった。
男子ダブルス予選1回戦では、アンドレ・ベゲマン(ドイツ)/内山靖崇(日本/北日本物産)がマッケンジー・マクドナルド(アメリカ)/ピーター・ポランスキー(カナダ)に7-6(5)、6-2で勝利。内山はシングルスでは予選1回戦で敗退となったが、ダブルスでは本戦出場を掴み取ることができるか今後も期待される。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ウィンブルドン 女子
  2. ウィンブルドン 決勝
THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2018年6月26日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ウィンブルドン + 女子」のおすすめ記事

「ウィンブルドン + 女子」のおすすめ記事をもっと見る

「ウィンブルドン + 決勝」のおすすめ記事

「ウィンブルドン + 決勝」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「全仏オープン」のニュース

次に読みたい関連記事「全仏オープン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら