ダニエル太郎は1回戦を突破できず、3セットを戦うも惜しい黒星[男子テニスATPワールドツアー250 アンタルヤ]

ダニエル太郎は1回戦を突破できず、3セットを戦うも惜しい黒星[男子テニスATPワールドツアー250 アンタルヤ]
トスを上げるダニエル太郎
「男子テニスATPワールドツアー250 アンタルヤ」(トルコ・アンタルヤ/6月24~30日/芝コート)で、世界87位のダニエル太郎(日本/エイブル)は6月25日、世界69位のギジェルモ・ガルシア ロペス(スペイン)との試合に臨んだが、白星は得られなかった。スコアは4-6、7-6(7)、4-6、試合時間は2時間24分だった。
ダニエル太郎は今大会では、予選を勝ち抜いて、本戦へ出場している。ガルシア ロペスとは過去2回対戦して、2連敗中だった。他方で今年、ダニエルは、「TEB BNP パリバ イスタンブール・オープン」で優勝するなど活躍も見せており、期待がかかっていた。
ガルシア ロペスは、長身ならではのリーチの長さをストロークに生かしている選手で、スペイン勢ながらハードコートを得意にしている。
ダニエルは、ガルシア ロペスに対してイニシアティブをとらせずに、第1セットを運んだ。第9ゲームを終えるまで、両選手ともに、サービスキープ合戦を続け、いずれにも流れは傾かなかった。
ただ、第10ゲームでダニエルがサービスに回ると、ガルシア ロペスに連続ポイントを許し、結局ブレーク。1セットダウンの厳しい立場に立たされた。
第2セットでダニエルは、第4ゲームで先にブレークを許し、さらに苦しくなったものの、第7、9ゲームで2度のブレークに成功し逆転したが、第10ゲームでは再びブレークされ、2ブレークずつを分け合い、スコアも拮抗して進展した。

あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2018年6月26日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら