【6/30試合結果】世界2位ウォズニアッキが優勝を飾る。M.ズベレフは悲願のツアー初タイトル獲得

【6/30試合結果】世界2位ウォズニアッキが優勝を飾る。M.ズベレフは悲願のツアー初タイトル獲得
「イーストボーン国際」で優勝を果たしたウォズニアッキ
■「イーストボーン国際」(イギリス・イーストボーン/6月24~30日/芝コート)
女子シングルス決勝、第1シードで世界2位のカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)が、45位のアリナ・サバレンカ(ベラルーシ)を7-5、7-6(5)のストレートで下し優勝を果たした。ウォズニアッキは今大会での優勝は2009年以来2回目となる。WTA公式サイトによると、ウォズニアッキは試合後に「(再び優勝できて)素晴らしいです。私はこの大会の優勝者となってからずいぶん経ちますが、あれから約10年後もプレーできていることは素晴らしい事です」と話していた。
■「男子テニスATPワールドツアー250 イーストボーン」(イギリス・イーストボーン/6月25~30日/芝コート)
男子シングルス決勝で、世界67位のミーシャ・ズベレフ(ドイツ)が94位のルーカス・ラッコ(スロバキア)に6-4、6-4のストレートで勝利し、自身初のツアータイトルを獲得した。M.ズベレフは、世界3位アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)の10歳年上の兄。芝コートに適しているサーブ&ボレーを好み、キャリアでも芝コートでの勝率が最も高い選手だ。
■「男子テニスATPワールドツアー250 アンタルヤ」(トルコ・アンタルヤ/6月24~30日/芝コート)
男子シングルス決勝、第2シードで世界30位のダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)が第1シードで世界24位のアドリアン・マナリノ(フランス)を6-1、1-6、6-1のフルセットで破り、優勝を果たした。敗れたマナリノは昨年の同大会決勝で杉田祐一(日本/三菱電機)に敗れた雪辱を果たすことはできなかった。優勝したジュムホールはこれで、キャリア通算3個目のタイトル獲得。

あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2018年7月1日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら