ワウリンカは再開後、2セットダウンは挽回できず2回戦で敗退[ウィンブルドン]

ワウリンカは再開後、2セットダウンは挽回できず2回戦で敗退[ウィンブルドン]
ボールを追うワウリンカ
7月5日、「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/7月2~15日/芝コート)大会4日目、スタン・ワウリンカ(スイス)は、世界133位のトーマス・ファビアーノ(イタリア)との2日間にまたがった2回戦を白星では飾れず、本戦ドローから姿を消した。スコアは6(7)-7、3-6、6(6)-7、試合時間は2時間39分だった。
4日には6(7)-7、3-6、6-5の第3セット途中まで消化したが、降雨などの影響で順延。5日は続きからスタートした。
ワウリンカはブレークすれば1セットを取り返せる場面から、ゲームを奪うことはできずに、タイブレークへ。
その中で、ワウリンカは、ファビアーノと競り合うものの、ダブルフォルトやアンフォーストエラーを重ねてしまい、6-8で競り負け、第3セットも失った。2セットダウンで入った3セット目の終盤で、中断されて、日を改めて再開したが、ワウリンカは結局、順延を挽回のきっかけにはできなかった形だ。
この日に先立って行われた第1、2セットでは、ワウリンカとファビアーノはともに、ほとんどのサービスゲームをキープ。2セットを通じて、ブレークは1度だけとなり、流れは拮抗していた。
しかし、第1セットのタイブレークでは、ワウリンカが4度のセットポイントのいずれでも獲得できなかった。
さらに、第2セットの第6ゲームでミスを重ねてしまい、ブレークポイントのピンチ。最後はフォアハンドのアンフォーストエラーで、ワウリンカがサービスゲームを失った。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ウィンブルドン 女子
  2. ウィンブルドン 決勝
THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2018年7月6日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ウィンブルドン + 女子」のおすすめ記事

「ウィンブルドン + 女子」のおすすめ記事をもっと見る

「ウィンブルドン + 決勝」のおすすめ記事

「ウィンブルドン + 決勝」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「全仏オープン」のニュース

次に読みたい関連記事「全仏オープン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら