第2シードのシュワルツマンが順当に世界349位にストレート勝ち[ATP500 ハンブルク]

第2シードのシュワルツマンが順当に世界349位にストレート勝ち[ATP500 ハンブルク]
勝利した際のシュワルツマン(23日のもの)
「ATP500 ハンブルク」(ドイツ・ハンブルク/7月23~29日/クレーコート)で、ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)は7月25日、男子シングルス2回戦でダニエル・マスー(ドイツ)を相手に6-2、6-2での順当なストレート勝ちを見せた。試合時間は1時間19分だった。
シュワルツマンは、最も小柄な選手の一人だが俊敏なフットワークでボールに追いつき反撃のショットを放つのを持ち味にしている。現在のランキングは12位で、今大会では第2シードだ。
一方のマスーは、地元ドイツ出身の23歳で、予選を勝ち上がってきた349位。圧倒的な格上の相手との試合に臨む形になった。
第1セットが始まると、シュワルツマンは序盤からアグレッシブなプレー見せてチャンスに。第1ゲームでは2ブレークポイントでは得点できずにいったんは逃したが、2度目のデュースからシュワルツマンがブレーク。続くサービスもキープして、いい形で試合をスタートさせた。
さらにランキングと実績でも優るシュワルツマンは、第5ゲームでもマスーのサービスをブレークすると、キープを続けそのまま第1セットを6-2で獲得した。
第2セットに入ってもシュワルツマンがリードしてゲームは進展。序盤はサービスをキープし合ったものの、リードするシュワルツマンがまたもや先手をとった形だ。
第5ゲームのリターンでは、2度目のデュースからチャンスが訪れた。マスーの打球がネットに当たりシュワルツマンのコートに落ちてチャンスボールになると、フォアのブレークにしてブレイクポイントに。結局、続くポイントでもマスーにミスが出て、シュワルツマンの1ブレークアップのリードとなった。
次のリターンでもブレークを重ねたシュワルツマンが、サービング・フォー・ザ・マッチを危なげなく締めて、白星を手にした。
シュワルツマンは続く準々決勝でレオナルド・メイヤー(アルゼンチン)と対戦する予定だ。
テニスデイリー編集部)
※写真は勝利した際のシュワルツマン(23日のもの)(Photo by TF-Images/Getty Images)

あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2018年7月26日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら