今さら聞けないテニスのイロハ ~第9回 ランキングについて~

今さら聞けないテニスのイロハ ~第9回 ランキングについて~

プロテニス選手としてツアーに参加し、試合に出場すれば、勝ち進むたびに「ランキング・ポイント」というポイントがもらえます。そしてその合計ポイントが高い選手から世界ランキング1位・2位...となるわけですが、時に前の週の大会で好成績だった選手が、出場していなかった選手にランキングで抜かれていたりして、疑問に思ったことはないでしょうか? 今回は少し不可解かもしれないランキングの仕組みを説明していきます。<br />■四大大会優勝者には、何と2,000ポイント!<br />「全豪オープン」「全仏オープン」「ウィンブルドン」「全米オープン」の四大大会では、優勝者には2,000ポイント、準優勝者でも1,200ポイントがもらえます。その次に大きなマスターズ1000の大会では優勝者1,000ポイント、準優勝者600ポイント...と、大会の規模によって獲得できるポイントは決まっており、たとえ1回戦で敗退しても、出場すればだいたい10ポイントがもらえます。<br />■ポイント増に必要なのは「1年前以上の結果」<br />ポイントは52週間(1年間)有効。現在ATPシングルスのランキング1位(8月27日時点)のラファエル・ナダル(スペイン)を例に説明しましょう。昨年「全米オープン」で優勝したナダルは、昨年の大会明けの月曜日のランキングで2,000ポイントが加算されましたが、今年の「全米オープン」が終わる時点でその2,000ポイントは消滅します。つまり、ナダルは今年も優勝すればプラスマイナスゼロですが、仮に準優勝だとポイントは(2018年8月27日のポイント10,040)-(昨年の「全米オープン」のポイント2,000)+(今年の「全米オープン」のポイント、準優勝なら1,200)=9,240と、減ってしまうわけです。それでも今年の「全米オープン」前にランキング2位だったロジャー・

あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2018年9月4日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら