大坂なおみ「プレッシャーには感じていない」。日本凱旋マッチで見事快勝[東レ パン・パシフィック・オープン]

大坂なおみ「プレッシャーには感じていない」。日本凱旋マッチで見事快勝[東レ パン・パシフィック・オープン]
試合後の記者会見での大坂
「東レ パン・パシフィック・オープン」(日本・東京/9月17日~23日/ハードコート)の大会3日目、女子シングルス2回戦で世界ランキング30位のドミニカ・チブルコバ(スロバキア)を6-2、6-1のストレートで破った大坂なおみ(日本/日清食品)が試合後に記者会見に臨んだ。
会見に先立ち、大坂は「今日はとても良い試合ができたと思っています。東京での最初の試合なので特別な試合だと思っていました。良い形で終えられて良かったです」と試合を振り返った。
試合の内容について大坂は「今日は間違いなくサーブが上手く機能してくれたと思います。不利な展開になりそうかなと思ったときにも助けてくれました」と語った。そして試合に点数をつけると100点満点ですか?と聞かれると「全体的に見て80%くらいじゃないかと思っています。というのも、自分の限界がどこにあるのかがまだわかりませんから。だから今日が100%、100点満点とは言えません。今日の試合自体はとても高いレベルで出来たとは思います」と落ち着いて答えた。
「全米オープン」で優勝したということもあり、会場には多くのファンが詰めかけた。そのファンの歓声はプレッシャーになっていたか、という質問には「あまりプレッシャーには感じませんでした。とてもたくさんの方々が今日の試合を観てくださったことに感謝していますし、ありがたく思っています」と語った。
また、「全米オープン」での優勝が自信に繋がっているのではと聞かれた大坂は「大きな大会で勝てたことは自分の助けになってくれるとは思っています。ただ、これが私にとって一番の理由ではありません。常に、特に今日はしっかりと良いテニスができたということで自信が持てたと思っています。もちろん、『全米オープン』で優勝したことも自分のテニスを助けてくれるものだと思っています」と、冷静にコメント。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2018年9月19日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「クルム伊達公子」のニュース

次に読みたい関連記事「クルム伊達公子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ダニエル太郎」のニュース

次に読みたい関連記事「ダニエル太郎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「国枝慎吾」のニュース

次に読みたい関連記事「国枝慎吾」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。