西岡が自身初のツアー決勝進出。因縁の相手ベルダスコとの2時間超え激闘制す[ATP250 深セン]

西岡が自身初のツアー決勝進出。因縁の相手ベルダスコとの2時間超え激闘制す[ATP250 深セン]
「ATP250 深セン」での西岡
「ATP250 深セン」(中国・深セン/9月24~30日/ハードコート)の大会6日目男子シングルス準決勝、予選勝者で世界171位の西岡良仁(日本/ミキハウス)が第5シードで世界28位フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)と対戦。1-6、6-3、7-6(5)のフルセットで西岡が見事勝利し、自身初のツアー決勝進出を決めた。試合時間は2時間19分。
勝利した西岡は決勝で、世界67位のピエール ユーグ・エルベール(フランス)と対戦する。
西岡にとって準決勝の相手ベルダスコは、「全仏オープン」で4時間22分にも及ぶフルセット死闘の末に惜敗した相手。準々決勝で勝利後に西岡は、自身のtwitterアカウントで「約二年ぶりの準決勝!予選から5試合戦ってますが、まだ頑張ります。次はベルダスコ選手です。全仏以来なのでとても楽しみです!!」と意気込んでいた。
一方のベルダスコは、準々決勝でアンディ・マレー(イギリス)をストレートで破って準決勝に勝ち上がってきていた。
試合はベルダスコのサービスゲームから始まった。すると西岡は、立ち上がり第2ゲームでいきなり相手にブレークを喫する。1-4で迎えた第6ゲームでもブレークを喫すると、続く相手のサービング・フォー・ザ・セットで相手の222km/hの超高速サービスもあり第1セットを奪われた。
第2セットは第2ゲームで先に西岡がブレークを奪うも、直後にベルダスコの強烈なフォアハンドストロークですぐさまブレークバックを喫した。それでも西岡の3-2で迎えたリターンゲームに再びブレークを奪うと、第2セットは西岡有利の展開に。ベルダスコはボールパーソンの少年に苛立ちをぶつける場面も見られた。西岡は5-3で迎えたサービング・フォー・ザ・セットをしっかりとキープし、勝負は最終第3セットに。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 西岡良仁 twitter
THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2018年9月29日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「西岡良仁 + twitter」のおすすめ記事

「西岡良仁 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ダニエル太郎」のニュース

次に読みたい関連記事「ダニエル太郎」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら