【速報】大坂なおみ 涙のグループステージ敗退。足の痛みで途中棄権[BNP パリバ WTAファイナルズ・シンガポール]

【速報】大坂なおみ 涙のグループステージ敗退。足の痛みで途中棄権[BNP パリバ WTAファイナルズ・シンガポール]
「BNP パリバ WTAファイナルズ・シンガポール」での大坂なおみ
「BNP パリバ WTAファイナルズ・シンガポール」(シンガポール/10月21~28日/室内ハードコート)の大会6日目、「レッドグループ」第3戦で大坂なおみ(日本/日清食品)が世界ランキング9位のキキ・バーテンズ(オランダ)と対戦。第1セットを3-6で大坂が落とした時点で大坂が棄権し、グループステージ敗退となった。
両者は過去1度、2016年にメキシコの大会「アビエルト・メキシカーノ・テルセル」で対戦しており、その時は大坂がストレートで勝利していた。「レッドグループ」で2連敗となっている大坂が決勝トーナメントに進出するにはこの第3戦で勝利し、さらにこの後に行われる試合でスローン・スティーブンス(アメリカ)が勝利することが最低条件であったが、無念の途中棄権という形で大坂の初のツアー最終戦は幕を閉じた。
第1セットは大坂のサービスゲームから始まった。第1ゲームでいきなりデュースに持ち込まれてアドバンテージを奪われた大坂だったが、なんとかキープする。第3ゲームでは得意のサーブも冴え、ここは危なげなくキープし、両者ともにサービスゲームをキープする立ち上がりとなった。
その後もお互いにキープが続いた第7ゲームで0-40と大坂にピンチが訪れる。1本はしのいだが、続くプレーで大坂のアングルショットがサイドアウトとなり、ブレークを喫してしまった。
第7ゲームをブレークされた大坂はここでオンコートコーチングを要請。サーシャ・バジンコーチから「足は大丈夫?」と聞かれた大坂は「バックを打つときに少し痛いかも」と返した。バジンコーチは続けて「もちろん君には怪我をして欲しくない。しかしまだ力があるのなら絶対に勝てるよ。難しく考えなくていいよ」と励まされた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 大坂なおみ Instagram
  2. 大坂なおみ twitter
THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2018年10月26日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「大坂なおみ + twitter」のおすすめ記事

「大坂なおみ + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「大坂なおみ + Instagram」のおすすめ記事

「大坂なおみ + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「錦織圭」のニュース

次に読みたい関連記事「錦織圭」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら