ナダル、ガン撲滅運動に参加。右足失った少年の呼びかけに応じる

ナダル、ガン撲滅運動に参加。右足失った少年の呼びかけに応じる
「全米オープン」でのナダル
8歳でガンと診断され右足を失った少年のマルクが、ガン撲滅運動のためにTwitterでラファエル・ナダル(スペイン)やロジャー・フェデラー(スイス)らへ「ボレーチャレンジ」参加を呼びかけた。「ボレーチャレンジ」はボールを地面に落とすことなく30回連続で壁打ちすればクリアという運動だ。
その後、この呼びかけにナダルが応じ、自身のTwitterに「やあ、マルク!僕は挑戦を受け入れる」とつづり、実際にチャレンジする姿を映した動画を投稿。また、ジャウメ・ムナール(スペイン)、マルク・ロペス(スペイン)らにも挑戦を呼びかけた。
ナダルの人柄の素晴らしさをあらためて感じさせる投稿に、ファンからは「あなたはいつも私のヒーローであり、癌に苦しんでいるすべての子供たちの英雄です」といった声が寄せられている。
テニスデイリー編集部)
※写真は「全米オープン」でのナダル(Photo by Julian Finney/Getty Images)

あわせて読みたい

気になるキーワード

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2018年12月6日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「アンディ・マレー」のニュース

次に読みたい関連記事「アンディ・マレー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スタン・バブリンカ」のニュース

次に読みたい関連記事「スタン・バブリンカ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ノバク・ジョコビッチ」のニュース

次に読みたい関連記事「ノバク・ジョコビッチ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。