男子トップ30のクレーディフェンドポイント。ナダル、ズベレフ、ティームはプレッシャー大

男子トップ30のクレーディフェンドポイント。ナダル、ズベレフ、ティームはプレッシャー大

今週からスタートし、6月上旬の「全仏オープン」まで行われるクレーコートシーズン。Tennissmashが、男子トップ30の昨年同期間のクレーコート大会で獲得したポイント、およびそれが各選手の総ポイントを占める割合を公開している。大会で獲得したポイントは1年後に失効するため、選手たちは昨年同週と同じ獲得ポイントをディフェンドできないと、ポイントが減りランキングが下がることになる。そのため選手にとっては、昨年と同じポイントを獲得できるかが一つの目標となる。現在世界ランキングでは、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が1位だ。ただジョコビッチにとって、クレーコートシーズンはポイントディフェンドにあたってのプレッシャーがほとんどない。ジョコビッチは昨年同時期はまだ怪我からの復活途中で、855ポイントしか獲得しておらず、総ポイントの約7%に過ぎないからだ。一方世界2位のラファエル・ナダル(スペイン)にとっては、ポイントディフェンドにおけるプレッシャーは大きい。ナダルは昨年のクレーコートシーズンでは「ATP1000 モンテカルロ」、「ATP500 バルセロナ」、「ATP1000 ローマ」、「全仏オープン」の4大会で優勝しており、獲得ポイントは4,680ポイント、総ポイントの約53%を占めている。現在ジョコビッチとナダルの総ポイント差は2,345ポイントあり、ナダルにはポイントを積み重ねるチャンスが少ないことから、クレーコートシーズンもジョコビッチが1位をキープする可能性は高い。また世界3位で昨年の「ATP1000 マドリード」優勝者であるアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、世界5位で昨年の「全仏オープン」準優勝者のドミニク・ティーム(オーストリア)も、ディフェンドポイントが2,000を超えておりプレッシャーは大きい。一方、3年ぶりにクレーコート大会への復帰を明言している世界4位の

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 全仏オープン 錦織圭
THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2019年4月12日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「全仏オープン + 錦織圭」のおすすめ記事

「全仏オープン + 錦織圭」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「全豪オープン」のニュース

次に読みたい関連記事「全豪オープン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュース

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。