ナダル、ジョコビッチは圧勝でベスト8入り。ズベレフとティームは敗れる

ナダル、ジョコビッチは圧勝でベスト8入り。ズベレフとティームは敗れる

■「ATP1000 モンテカルロ」(モナコ・モンテカルロ/4月14~21日/クレーコート)18日の大会5日目。男子シングルス3回戦で第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)と世界28位グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)が対戦。6-4、6-1のストレートでナダルが勝利し、ベスト8進出を果たした。両者は13度目の対戦だった。今回の勝利でナダルの12勝1敗となり、対ディミトロフ戦を5連勝とした。この試合、第1セットでは1度ブレークを許したナダル。続く第2セットではブレークポイントを握らせることなく勝利を決めた。これでナダルは同大会15年連続でのベスト8進出。モンテカルロで12度目の優勝にまた一歩近づいた。そして、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)は世界65位のテイラー・フリッツ(アメリカ)と対戦。ジョコビッチが6-3、6-0で圧勝した。両者は今回が初の対戦となった。初戦ではフルセット苦戦の末に勝利を挙げたジョコビッチだが、3回戦では特に第2セットで圧倒的な強さを見せつけ勝利した。このほか、第3シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)は第13シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)と対戦。ズベレフが6(6)-7、1-6のストレートで敗れた。また、第4シードで次世代のクレーキングと目されるドミニク・ティーム(オーストリア)は、3回戦では世界48位のドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)と対戦。3-6、3-6でティームが敗れた。両者は今回が6度目の対戦で、これまではティームが5勝0敗と負け無しだった。なお、2018年の同大会では、ズベレフがベスト4入り、ティームはベスト8入りの結果を残していたが今大会では3回戦で姿を消す結果となった。◇   ◇   ◇【4月18日 主な試合結果】◆「ATP1000 モンテカルロ」男子シングルス3回戦〇[1]

あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2019年4月19日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。