「魔物が潜む」全仏オープン 数々の激闘を生んできた独特の大会文化とは?

「魔物が潜む」全仏オープン 数々の激闘を生んできた独特の大会文化とは?

初夏の花の都を制するのは、歴戦の王者・ナダルか、はたまた予想外の伏兵か。今年も全仏オープンの開幕が近づいた。四大大会のなかでも異例ずくめのこの大会は、大番狂わせが起きやすいことでも有名。数々のドラマチックな激闘と、スタミナ勝負の接戦の舞台となってきた。♦︎100余年の歴史が育む、独自の大会文化パリ郊外、豊かな緑地が広がるブローニュの森。全仏の試合会場となるスタッド・ローラン・ギャロス競技場はその片隅に位置する。1891年にフランス選手権として創設された歴史ある本大会は、1928年、フランスを代表するパイロットであるローラン・ギャロスの名を冠するこの会場に開催地を移した。言わずと知れた四大大会の一つに数えられる、歴史と権威のある大会だ。メインコートに開閉式の屋根が備わるほかの四大大会とは異なり、すべてのコートに屋根がない。そのため天候の影響を受けやすく、2016年には大会9日目の全試合が雨で順延されるという珍しい事態が発生した。四大大会では唯一、ホークアイ(審判補助システム)を判定手法として採用していない点もユニークだ。判定に疑義が生じた場合、主審は審判台からコートまで降り、赤土に残された球の痕を確認するという伝統的な手法で検証を行う。さらに試合中のコールがフランス語のみで行われるなど、グランドスラムのなかでも独自色の強い大会だ。毎年日曜から始まる点も独特。今年は5月26日(日)から6月9日(日)の15日間、ブローニュの森に強豪が集う。♦︎クレーコートの魔物グランドスラム大会では唯一、全仏オープンだけがクレーコートを採用する。番狂わせを起こしやすく、「赤土には魔物が潜む」と言われるほど、ドラマチックな展開を生み出すことで有名だ。粘土質の土を砂で覆う日本のクレーコートとは異なり、表層には細かく砕いたレンガが敷き詰められる。ボールのエネルギーを吸収しやすいため球足が遅くなり、ラリーが続く消耗戦に突入しやすい。バウンドの方向が読みにくいことから、球筋の正確な予測も勝敗をわけるポイントとなる。このようなコートの特性を知り尽くした選手が、全仏オープンでは圧倒的に有利だ。2005年以降の男子シングルス部門では、ラファエル・ナダル(スペイン)が14大会中11大会を制する強さを見せている。ただし近年では2015年に

あわせて読みたい

気になるキーワード

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2019年5月22日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュース

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「全豪オープン」のニュース

次に読みたい関連記事「全豪オープン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。