ジョコビッチ GS4大会連続優勝への道途絶える。車いすの部では国枝が複優勝、上地が単準優勝[全仏オープン]

ジョコビッチ GS4大会連続優勝への道途絶える。車いすの部では国枝が複優勝、上地が単準優勝[全仏オープン]

6月8日、「全仏オープン」(フランス・パリ/5月26日~男子6月9日・女子8日/クレーコート)大会14日目。男子シングルス準決勝、男子ダブルス決勝、女子シングルス決勝、車いす男子シングルス決勝、車いす男子ダブルス決勝、車いす女子シングルス決勝、車いす女子ダブルス準決勝・決勝が行われた。男子シングルス準決勝、雨天順延のため翌日に持ち越しとなっていた、第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と第4シードのドミニク・ティーム(オーストリア)の試合が再開。ジョコビッチは2-6、6-3、5-7、7-5、5-7で敗れ、同大会3年ぶりの決勝進出とはならなかった。ジョコビッチは2018年「ウィンブルドン」「全米オープン」、そして2019年「全豪オープン」で優勝。今大会、自身2度目のグランドスラム4大会連続優勝を目指していたが、その道は途絶えた。一方、5セットのフルマッチを戦い抜き勝利したティームは、試合後のオンコートインタビューで「ローランギャロスでは初めて5セットマッチをやりましたが、初めてにしては良い試合だったんじゃないかと思います」「テニス界でトップの選手3人と一緒に準決勝に進出することができたのは、本当に素晴らしいことです」と喜びを語った。女子シングルス決勝では、第8シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)が世界38位マルケタ・ボンドルソバ(チェコ)と対戦。バーティが6-1、6-3で圧勝し、自身初のグランドスラム優勝を果たした。この試合、バーティは立ち上がりから4ゲーム連取しボンドルソバを圧倒。第2セットも19歳の新鋭に対し、流れを渡さずにストレートで栄冠を手にした。またバーティはこの優勝により、週明けに発表される最新の世界ランキングでキャリアハイを更新する2位に浮上する予定だ。車いすの部では、女子シングルス決勝で、第2シードの上地結衣(日本/エイベックス)が第1シードのディーダ・デ グロート(オランダ)と対戦。上地は1-6、0-6で敗れ「全仏オープン」3連覇、4度目の優勝とはならなかった。また、同日上地はジュリア・カポッチ(イタリア)とのペアで、車いす女子ダブルス準決勝に登場。第1シードのディーダ・デ グロート(オランダ)/アニーク・ファンクォト(オランダ)と対戦し、残念ながらフルセットの末敗れた。車いす男子ダブルス決勝では、グスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン)/

あわせて読みたい

気になるキーワード

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2019年6月9日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュース

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「全豪オープン」のニュース

次に読みたい関連記事「全豪オープン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。