マレー ダブルス復帰戦で第1シードを撃破。「またテニスができてとても幸運」[ATP500 ロンドン]

マレー ダブルス復帰戦で第1シードを撃破。「またテニスができてとても幸運」[ATP500 ロンドン]

1月の「全豪オープン」後に股関節の再手術を受け、シングルス復帰を目指している元世界1位のアンディ・マレー(イギリス)。そのマレーが、「ATP500 ロンドン」(イギリス・ロンドン/6月17~23日/芝コート)大会4日目に、フェリシアーノ・ロペス(スペイン)とのペアで男子ダブルス1回戦に登場。第1シードのフアン セバスチャン・カバル(コロンビア)/ロベルト・ファラ(コロンビア)を7‐6(5)、6‐3で破り、ダブルスでの復帰戦を勝利で飾った。この日、マレーがセンターコートに姿を見せると、観客は熱狂。マレーも声援に応えるように、一時は引退かと騒がれたとは思えないようなプレーを披露した。中でも光ったのは、第2セット第6ゲーム、0‐40のチャンスの場面。ここでマレーは、思い切りのよいパワフルなリターンエースを決め、この試合唯一のブレークを成功させて、勝利を手繰り寄せた。BBCによると、勝利後マレーはオンコートインタビューで「とても素晴らしいです。たくさん試合を楽しみました。最初は動きが少し遅かったけれど、試合が進むにつれて良くなりました」「またテニスができてとても幸運です。このコートでプレーするのが大好きです。ここはテニスをするのに素晴らしい場所です」と喜びを語っている。(テニスデイリー編集部)※写真は「ATP500 ロンドン」でのマレー(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

あわせて読みたい

気になるキーワード

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2019年6月21日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュース

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「全仏オープン」のニュース

次に読みたい関連記事「全仏オープン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。