ウィンブルドンでついに導入される最終セットタイブレーク。キッカケとなった6時間36分の死闘

ウィンブルドンでついに導入される最終セットタイブレーク。キッカケとなった6時間36分の死闘

7月1日に開幕する芝コートのグランドスラムウィンブルドン」。今年は一つ大きなルール変更のもと、大会が行われる。それは最終セットタイブレークの導入だ。「ウィンブルドン」では昨年まで最終セットではタイブレークがなく、2ゲーム差がつくまで勝負は決しなかった。それが、今年からは最終セットでゲームカウント12-12になった場合、タイブレークが実施される。芝コートは球足が速く、サーブの威力が他のサーフェスより増すため、ブレークが難しい。そのため、芝コートの試合では、ブレークがないままゲームカウント6-6になりタイブレークにもつれこむケースが多かった。ただ、「ウィンブルドン」ではこれまで最終セットタイブレークがなかったため、とんでもないスコアの試合が起きてきた。その最たる例は、2010年男子シングルス1回戦の、ジョン・イズナー(アメリカ)対ニコラ・マウ(フランス)。この試合は3日がかり、11時間5分にもおよび、6-4、3-6、6(7)-7、7-6(3)、70-68という目を疑うようなスコアでイズナーが勝利した。さらに昨年の男子シングルス準決勝でも、ケビン・アンダーソン(南アフリカ)対イズナーが7-6(6)、6(5)-7、6(9)-7、6-4、26-24、6時間36分の死闘を繰り広げた(アンダーソンが勝利)。この試合の最終セット、イズナーは24-23となった後のチェンジコート時に主審に「24-24になったらタイブレークにしたらどうか」と提案したという。ジョン・マッケンロー(アメリカ)も「アスリートとしての限界を極める戦いというのは、見ていて感動するものはあるけれども、2010年にイズナーが70-68となった時に、ルールを変えるべきだった」とコメントしていたそうだ。最終セットまでもつれ込み、長い試合になると、ドラマチックで記憶に残る一戦となる。その一方、選手の負担はとてつもなく大きい。昨年のこの流れを一つのキッカケに、今年から12-12になってからではあるものの「ウィンブルドン」でも最終セットタイブレークが導入された。またすでに行われた「

あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ウィンブルドン + 決勝」のおすすめ記事

「ウィンブルドン + 決勝」のおすすめ記事をもっと見る

「ウィンブルドン + 女子」のおすすめ記事

「ウィンブルドン + 女子」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「全豪オープン」のニュース

次に読みたい関連記事「全豪オープン」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月1日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. ウィンブルドン 女子
  2. ウィンブルドン 決勝

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。