マレーを支えたロペスの凄まじい1週間。37歳にして単複優勝の快挙

マレーを支えたロペスの凄まじい1週間。37歳にして単複優勝の快挙

先週の男子テニスは、元世界1位のアンディ・マレー(イギリス)が「ATP500 ロンドン」で約5ヵ月ぶりにまずはダブルスで復帰し、さらに復活優勝を飾ったことが話題をさらった。しかし、そのマレーの相方を務めたフェリシアーノ・ロペス(スペイン)にとっても、凄まじく、そして素晴らしい1週間だった。37歳にしてATP500の大会でシングルス・ダブルスの2冠を達成したからだ。そもそもロペスは先週時点でのシングルスランキングは113位で、ワイルドカード(主催者推薦枠)での出場だった。にもかかわらず、シングルスで勝ち上がり、ダブルスでマレーを支えた。特に最後の3日間は凄まじいものだった。金曜日には2試合(シングルス準々決勝、ダブルス準々決勝)、土曜日には3試合(シングルス準決勝、途中で順延となっていたダブルス準々決勝、ダブルス準決勝)、そして日曜日には2試合(シングルス決勝、ダブルス決勝)を戦った。そしてその全てで勝利をつかんだのだ。BBCによると相方のマレーは「彼は本当に素晴らしいです。言葉がありません。シングルスで見事な優勝を飾り、その試合が終わった後でさえ、ダブルスで素晴らしいリターンとサーブを見せてくれたのだから」と称賛と感謝の言葉を贈っている。ATP(男子プロテニス協会)によると、ロペスも「これは人生で一回しか起きないようなこと。信じられないよ」と喜びを語っている。ロペスはこの優勝により、シングルスランキングを113位から53位へ大きく上昇させた。イギリスの大会でマレーの復帰戦の相方を務めるという大きなプレッシャーの中で戦いきり、シングルスとダブルスで優勝を果たしたロペスにとって、キャリアのなかでも最高ともいえる1週間になった。【ロペスの「ATP500ロンドン」男子シングルスでの戦績】〇1回戦 対マートン・フクソービッチ(ハンガリー) 6(4)‐7、6‐3、6‐4〇2回戦 対フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン) 試合前棄権〇準々決勝 対

あわせて読みたい

気になるキーワード

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2019年6月25日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スタン・ワウリンカ」のニュース

次に読みたい関連記事「スタン・ワウリンカ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ロジャー・フェデラー」のニュース

次に読みたい関連記事「ロジャー・フェデラー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ラファエル・ナダル」のニュース

次に読みたい関連記事「ラファエル・ナダル」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。