フェデラーとジョコビッチの決勝までの各数字。フェデラーが勝負所で上回る[ウィンブルドン]

フェデラーとジョコビッチの決勝までの各数字。フェデラーが勝負所で上回る[ウィンブルドン]

今年の「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/7月1日~男子14日・女子13日/芝コート)男子シングルスの決勝は、8度優勝のロジャー・フェデラー(スイス)と4度優勝のノバク・ジョコビッチ(セルビア)の組み合わせとなった。両者ともにここまで好調な勝ち上がりで、決勝へ進出してきた。フェデラーは、準々決勝では全力でぶつかってきた錦織圭(日本/日清食品)から第1セットを落とすものの、完勝といえる内容。準決勝では同じく圧倒的な実力で勝ち上がってきたラファエル・ナダル(スペイン)にもロングラリーで上回った。一方のジョコビッチも準々決勝ではダビド・ゴファン(ベルギー)に6ゲームしか与えない完勝。準決勝では今シーズン2連敗を喫していたロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)に貫録勝ちしている。そんな2人の決勝までの6試合の各合計数字を見比べてみた。するとフェデラーの方が合計ゲーム数は多いものの、合計試合時間が短いことがわかる。さらにウィナーもフェデラーの方が多く、アンフォーストエラーはより少ない。今大会ではフェデラーのサーブでのポイント、サーブからの3球目攻撃の精度の高さが目立っており、それが数字にも表れている。さらにチャンスでのポイント獲得率は26/57、逆にピンチでのセーブ率も17/22と、勝負所でのポイント勝率は、フェデラーの方が上回っている。一方のジョコビッチはここまで失セットは2のみと、フェデラーの3よりも少なく、ブレーク成功数はジョコビッチが34回とフェデラーの26回より多い。世界1位としての盤石な強さを見せつけており、各数字はいずれも好成績だ。とはいえ、

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ウィンブルドン 女子
  2. ウィンブルドン 決勝
THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2019年7月14日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ウィンブルドン + 決勝」のおすすめ記事

「ウィンブルドン + 決勝」のおすすめ記事をもっと見る

「ウィンブルドン + 女子」のおすすめ記事

「ウィンブルドン + 女子」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「グランドスラム」のニュース

次に読みたい関連記事「グランドスラム」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。