錦織が世界ランキングトップ5返り咲き、約2年4ヵ月ぶり 次はシンシナティ大会

記事まとめ

  • 現在世界6位の錦織圭が、週明けに更新される最新の世界ランキングで、世界5位になることが決まった。
  • 錦織がトップ5に返り咲くのは、約2年4ヵ月ぶり。
  • 錦織の次戦は、11日に開幕する「ATP1000 シンシナティ」だ。

錦織 約2年4ヵ月ぶりにトップ5復帰へ。次はシンシナティ大会

錦織 約2年4ヵ月ぶりにトップ5復帰へ。次はシンシナティ大会

日本時間10日、現在世界6位の錦織圭(日本/日清食品)が、週明けに更新される最新の世界ランキングで、世界5位になることが決まった。錦織がトップ5に返り咲くのは2017年4月17日付けの世界ランキング以来、約2年4ヵ月ぶり。今週開催されている「ATP1000 モントリオール」(カナダ・モントリオール/8月5~11日/ハードコート)に第5シードで出場した錦織は、自身の初戦となる2回戦で、世界66位のリシャール・ガスケ(フランス)に7-6(6)、2-6、6(4)-7で惜敗。錦織は昨年も初戦(1回戦)で敗退したためにポイントの変動はなかったが、昨年の「ATP1000 トロント」で準優勝だった世界5位のステファノス・チチパス(ギリシャ)も初戦敗退し大幅にポイントが失効。錦織を抜く可能性があった世界7位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)も準々決勝で敗れたために、錦織のトップ5返り咲きが決まった。その錦織の次戦は、11日に開幕する「ATP1000 シンシナティ」(アメリカ・シンシナティ/8月11~18日/ハードコート)。ドローも発表され、初戦となる2回戦は、世界46位のジョーダン・トンプソン(オーストラリア)対予選勝者の勝った方と対戦することが決まっている。「ATP1000 モントリオール」では肘の痛みのため、ダブルスを棄権していた錦織。今年最後のグランドスラムである「全米オープン」が26日に開幕することもあり、状態が悪化しないことが望まれる。(テニスデイリー編集部)※写真は「ATP1000 モントリオール」での錦織圭(Photo by David Kirouac/Icon Sportswire via Getty Images)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 錦織圭 Instagram
  2. 錦織圭 twitter
  3. 錦織圭 ウィンブルドン
THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2019年8月10日のスポーツ総合記事
「錦織 約2年4ヵ月ぶりにトップ5復帰へ。次はシンシナティ大会」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    錦織は早く負けると怪我のためと言い訳する。どのみちマスターズも未勝利だ。いい加減にエントリーしても勝てないから諦めろ。なにが世界ランク5位?だ。笑わせるな。

    7
  • 匿名さん 通報

    大丈夫。TOP5になれない、ましてやタイトルを取ることができないまま引退するプロテニスプレーヤーもたくさんいる。そもそもその舞台に立てない君のような人はさらにたくさんいるんだよ!!

    5
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「錦織圭 + 最新ランキング」のおすすめ記事

「錦織圭 + 最新ランキング」のおすすめ記事をもっと見る

「錦織圭 + 全米オープン」のおすすめ記事

「錦織圭 + 全米オープン」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「大坂なおみ」のニュース

次に読みたい関連記事「大坂なおみ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。