【速報】錦織 2大会連続の初戦敗退。日本人対決は西岡に軍配

【速報】錦織 2大会連続の初戦敗退。日本人対決は西岡に軍配

「ATP1000 シンシナティ」(アメリカ・シンシナティ/8月11~18日/ハードコート)の大会4日目、男子シングルス2回戦で、第6シードの錦織圭(日本/日清食品)が世界77位の西岡良仁(日本/ミキハウス)と対戦。6(2)-7、4-6のストレートで錦織が敗れ、2回戦敗退。勝利した西岡が3回戦進出を果たした。勝利した西岡は、3回戦でアレックス・デミノー(オーストラリア)と対戦する。デミノーはライリー・オペルカ(アメリカ)を破っての勝ち上がり。第2セットは西岡のサービスゲームから。第1セットを6(2)-7で落とした錦織は、セット間にも点鼻薬を使用し、少ししんどそうな表情も見せていたが、両者ラブゲームで序盤3ゲームをキープし合った。第4ゲームでデュースの末に西岡にブレークポイントを握られたが、ここは錦織が粘り勝ち、なんとかキープする。続く第5ゲームでは錦織が逆にデュースに持ち込んでブレークポイントを握ったが、ブレークすることができない。第6ゲームで0-40とピンチを迎えた錦織だが、ここをなんとかしのぐと、続く第7ゲームでブレークに成功。ついに1ブレークアップとリードを作った。しかし、直後の第8ゲームで西岡にブレークバックを喫し、ゲームカウント4-4と振り出しに戻されてしまう。そしてゲームカウント4-5で迎えた第10ゲームで、またも西岡にブレークを喫した錦織が4-6で第2セットを落とし、2回戦敗退となった。これで錦織は「ATP1000 モントリオール」に続き、2大会連続の初戦敗退。「全米オープン」に向けて不安の残る結果となった。(テニスデイリー編集部)※写真は「ATP1000 モントリオール」での錦織(Photo by Minas Panagiotakis/Getty Images)

あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「錦織圭 + ウィンブルドン」のおすすめ記事

「錦織圭 + ウィンブルドン」のおすすめ記事をもっと見る

「錦織圭 + twitter」のおすすめ記事

「錦織圭 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ノバク・ジョコビッチ」のニュース

次に読みたい関連記事「ノバク・ジョコビッチ」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年8月15日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 錦織圭 Instagram
  2. 錦織圭 twitter
  3. 錦織圭 ウィンブルドン

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。