次代のテニス界を牽引する若手選手~"不良"を脱したダニール・メドベージェフ~

次代のテニス界を牽引する若手選手~"不良"を脱したダニール・メドベージェフ~

ロジャー・フェデラー(スイス)、ラファエル・ナダル(スペイン)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が10年以上にわたりトップクラスを誇る一方、台頭する若手の少なさが憂慮されていた男子テニス界。しかし、その状況はようやく変わりつつある。着実に成長している若手選手を、その生い立ちや人となりも合わせて紹介していこう。今回取り上げるのは、2019年「全米オープン」で準優勝のダニール・メドベージェフ(ロシア)。四大大会ではそれまでは2019年「全豪オープン」の4回戦進出が最高だったが、夏からのハードコートシーズンに入ると一気に調子を上げ、「ATP500 ワシントン」から4大会続けてのファイナル進出。第5シードとして臨んだ「全米オープン」の決勝では、ナダル相手に最初の2セットを失いながらもフルセットまでもつれ込む熱戦を演じた。2018年1月からの19か月でマスターズ(ATP1000)を含む5つのタイトルを獲得し、「全米オープン」後には23歳にしてキャリアハイの世界4位を記録したメドベージェフ。そんな彼がテニスに本気に取り組むようになったのはかなり最近の話であることはご存知だろうか。6歳でテニスを始めたものの、最初はあくまでも趣味で、「自分がトップ100に入るような選手になれるとは考えたことがなかった」という。しかし彼のことを信じ続け、苦労しつつも援助してくれた両親の支えもあってプロ入りを考えるようになり、2014年に18歳でプロに転向。それでも2017年頃まではテニス選手としては不真面目で、試合前日にベッドでテレビを見ながら深夜3時まで起きていたり、試合当日にクロワッサンや大好物のパンナコッタを食べたり、試合直前の練習後にグミやキャンディをつまんでいた。「彼はいろんなことに無頓着で、どんなものを摂取すべきかも気にしないんだ」とコーチが苦笑するような生活が変わったのは、2018年のシーズン前。世界65位で参戦した2017年の「Next Gen ATPファイナルズ」で準決勝に進出した彼は、2014年から組んでいるコーチとフルタイムで契約。フィジオとメンタルコーチも雇い、生活スタイルを改善し、トレーニングにもより熱心に励むようになった。その効果はすぐに表れ、2018年1月の「ATP250 シドニー」でツアー初優勝。さらに8月の「ATP250 ウィンストンセーラム」、10月の「楽天ジャパンオープン」も制し、トップ20入りを果たした。後者で

あわせて読みたい

気になるキーワード

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2019年9月14日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ラファエル・ナダル」のニュース

次に読みたい関連記事「ラファエル・ナダル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アンディ・マレー」のニュース

次に読みたい関連記事「アンディ・マレー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スタン・バブリンカ」のニュース

次に読みたい関連記事「スタン・バブリンカ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら