ほぼ、破ることが不可能なテニスの記録7選、最多ラケット破壊記録は誰が?

ほぼ、破ることが不可能なテニスの記録7選、最多ラケット破壊記録は誰が?

アメリカのメジャーリーグベースボールで、カル・リプケンが樹立した連続試合出場記録2632回など、どのスポーツでも驚きの記録が数多く存在する。今回は、米スポーツメディアのSports Castingが発表した、テニスにおける「ほぼ、破るのは不可能な記録」を紹介する。1:世界最速サーブ記録時速263kmギネスの記録に認定されている、この高速サーブを打ったのはサム・グロス(オーストラリア)。彼が2012年に、韓国・釜山のチャレンジャー大会で記録して以来破られていない。ちなみにグロスの記録は、チャレンジャー大会の記録のため、ATPの公式記録として認定されていない。ATP公式記録での最速サーブは時速253km。ロジャー・フェデラー(スイス)や錦織圭(日本/日清食品)が「彼のサーブが欲しい」と言う、ビッグサーバーのトップ選手ジョン・イズナー(アメリカ)の記録だ。彼の記録は、ギネスブック上では3位となる。2:世界ランキング1位継続最長記録1659日ロジャー・フェデラーが2004年2月2日から2008年8月17日までの237週間、実に4年6ヵ月半継続して世界ランキング1位を死守した。ジミー・コナーズ(アメリカ)の160週という2位の記録と比べると、フェデラーの成し遂げた記録の偉大さは明白だ。※男女を合わせるとシュテフィ・グラフ(ドイツ)の186週間が2位の記録となる。ちなみに、世界ランキング1位の合計日数記録だと、グラフが377週間で、フェデラーの310週間を大きく引き離している。3:同じ

あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2019年9月20日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら