BIG3だけじゃない!今見るべきベテラン・中堅選手~マラドーナに愛されるビッグな男 ディエゴ・シュワルツマン~

BIG3だけじゃない!今見るべきベテラン・中堅選手~マラドーナに愛されるビッグな男 ディエゴ・シュワルツマン~

男子テニス界ではBIG3が長年頂点に立っているものの、彼ら以外にも素晴らしい選手は多い。BIG3相手に毎回タイトルを争うとは限らなくても、時には名勝負を繰り広げ、このスポーツをより魅力的にしてくれるベテラン・中堅勢を紹介していこう。今回取り上げるのは、2019年の「全米オープン」で自身3度目のグランドスラム準々決勝進出を果たしたほか、スポーツマンシップにあふれた行動も話題となったディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)。世界ランキングでトップ10に入ったことも、四大大会でベスト4以上に進んだこともない選手だが、彼に見覚えのある人は多いだろう。身長は170cmと、180cmでも低いとされるテニス界にあっては特に小柄と言えるが、世界有数のリターンと、コートを縦横無尽に駆ける脚力、守から攻への切り換えの速さを武器に戦い、観客を魅了している。もちろん本人も身長に悩んだことはある。アマチュアテニスをしていた母親の影響で7歳の時にテニスを始めるが、幼い頃より「チビすけ」と呼ばれ、コーチにも「もう少し背が高ければ…」と言われていた。そして13歳の時、医師から170cm以上には成長しないだろうと告げられる。その通りなら何をやってもうまくいかないと考えた彼は、両親に「もうテニスはやらない」と宣言。しかし、母親から「身長が夢を妨げることはない。だってお前は生まれた時から特別な子だと私には分かっていたから」と励まされ、テニスを続けることに。とはいえ、楽な道のりではなかった。4人兄弟の一番下としてシュワルツマンが生まれる前から一家は三度の食事も欠くほど経済的に困窮しており、1990年代後半には家族の経営していた衣服とジュエリーの会社が倒産。家族は内職で作ったブレスレットを売って彼の旅費や宿泊費を捻出し、本人も試合の前後にはそれを手伝った。コーチ代などを払えないことも何度もあったが、その度に誰かが無料で引き受けたりして助けてくれたという。「今の僕があるのは、みんなが助けてくれたから」とシュワルツマンは振り返る。様々な人に支えられた彼は2010年にプロへ転向。4年後の「

あわせて読みたい

気になるキーワード

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2019年9月29日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら