テニス史上最高"GOAT"選手ランキング~男子編

テニス史上最高"GOAT"選手ランキング~男子編

近年、選手達のインタビューなどでもよく耳にする言葉"GOAT"。Greatest of All Timeの略であり、日本語では「史上最高」や「史上最強」という意味の単語だ。この度、米スポーツメディアのHowTheyPlayが、テニス界のGOATランキングを発表した。ここにトップ5を紹介する。5位:ピート・サンプラス(アメリカ)生年月日:1971年8月12日出身地:アメリカ・メリーランド州ポトマック居住地:カリフォルニア州レイクシャーウッドプロ転向年:1988年引退年:2002年生涯獲得賞金金額:4,328万489ドル生涯タイトル数:64グランドスラム・シングルスタイトル:14(「全豪オープン」2冠、「ウィンブルドン」7冠、「全米オープン」5冠)サンプラスは、実は「全仏オープン」を優勝したことがない。最も球足が遅いとされるクレーコートでは、彼のビッグサーブがその強さを発揮できなかったことが要因とされる。彼は、6年間連続で世界ランキング1位に輝き、当時の最多記録であるグランドスラム14冠を達成している。1990年代のテニスを、アンドレ・アガシ(アメリカ)とのライバル関係で大いに盛り上げた立役者だ。2007年にテニスの殿堂入りしている。4位:ロッド・レーバー(オーストラリア)生年月日:1938年8月8日出身地:オーストラリア・クイーンズランド州ロックハンプトン居住地:カリフォルニア州カールスバッドプロ転向年:1962年引退年:1979年生涯獲得賞金金額:156万5,413ドル生涯タイトル数:200グランドスラム・シングルスタイトル:11(「全豪オープン」3冠、「全仏オープン」2冠、「ウィンブルドン」4冠、「全米オープン」2冠)彼を現代の選手と比較することは困難だが、「ロケット」というあだ名が付けられた重厚なトップスピンは、現代のテニスでも活躍したことだろう。2度の年間グランドスラムを達成している彼は、1964年から1970年までの7年間世界ランキング1位を死守し、生涯タイトル200という驚異的な記録を保持している。彼がプロになった頃は、グランドスラムはアマチュアのみが出場を許されていた大会だったため、「オープン化」と呼ばれる、プロ選手の出場が解禁されるまでの6年間、レーバーはグランドスラムに出場できなかった。もしも、彼がプロに転向した時点でオープン化がなされていたら、彼の記録はもっとすごいものになったはずだ。3位:ノバク・

あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2019年9月29日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら