女王セレナにのしかかる経験したことがない重圧。復帰後に4度GS決勝で敗れた理由

女王セレナにのしかかる経験したことがない重圧。復帰後に4度GS決勝で敗れた理由

9月にダンロップの新作ラケット発表会のためにパトリック・ムラトグルーが来日。インタビューで自身がコーチを務めるセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)について語った。セレナは出産を経てカムバックし、そこからグランドスラムの決勝に4度も勝ち進んでいるがいずれも準優勝となっている。そのことについてムラトグルーは「セレナはちょうど38歳になったところ。赤ちゃんは2年前に生まれました。彼女は23個のグランドスラムタイトルを持っていて、すでに最高のキャリアと最高の結果を出した史上最高の選手です。だからテニスにカムバックする必要はありませんでした」と語る。それでも「彼女は本当にテニスが好きで、まだグランドスラムで優勝できると感じています。だからカムバックを決断しました。また、オープン化される前の記録がグランドスラム24勝で、その記録を破りたいと思っています。そうした全ての理由からカムバックを決意したんです」と、セレナのカムバック理由を語った。しかし、セレナの復帰は困難を伴っていたようだ。「女性にとって子どもを得た後でカムバックを果たすのは信じられないくらい難しいこと。その上、36歳という年齢を考えると、さらに難しいことです。26歳の人が同じことをやった場合よりもさらに難しくなります。女性の身体は赤ちゃんを生むことで母親の身体になります。その母親の身体というのは、トップアスリートの身体とは異なります」と語るムラトグルー。続けて「彼女は再び戦えるようになるため、自分の身体を作り直しました。そしてそのために信じられないようなフィジカルな努力を重ねました。彼女が出産後に最初に到達したグランドスラムの決勝では、ベストなレベルからはほど遠かったと思います。でも彼女はものすごく素晴らしい選手なので、なんとかそこまで到達はできました。そしてそこから時間が経つにつれ、ますます準備が整ってきたと思います。今の状態は過去2年に比べてずっと良い状態になっていると思います」と、セレナの努力と進化について述べた。セレナが優勝するにはあと何が必要か、と問われると「優勝回数の記録を破る目標を持って彼女がカムバックして以来、彼女にかかるプレッシャーははるかに高くなっています。なぜなら、グランドスラムの決勝まで到達すると、彼女にとっては歴史に名を刻むためにあと1試合を戦うことになります。これはスポーツで、そしてたぶん人生の中でも経験できる最大のプレッシャーです。彼女は長い間世界1位だったので、プレッシャーはありましたが、誰もが彼女が常に優勝することを期待しており、そうなるとプレッシャーはさらに高くなります」と、プレッシャーに打ち勝つ必要がある、ということを語った。「実際に世界1位になると、これは最近
THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2019年10月14日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。