ナダルの機転を利かせたプレーに観客も大興奮。「ネットでの股抜きショットなんて見たことがない」

ナダルの機転を利かせたプレーに観客も大興奮。「ネットでの股抜きショットなんて見たことがない」

「ATP1000 パリ」(フランス・パリ/10月28日~11月3日/室内ハードコート)男子シングルス準々決勝で、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)がジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)を相手に、機転を利かせた股抜きショットを披露した。

股抜きショットを披露したのは第2セット第4ゲームの、ツォンガのサービスゲームでのこと。


ツォンガは3球目でネットに出て、軽いタッチでネット際に落とす。ナダルはこれに追いつき、ツォンガから遠い位置に返す。ツォンガは懸命に走って返すも、ナダルもこれを読んでおり、ボレーの準備のため走り出していた。しかし、ツォンガの返球はネット付近にポトリと落ちるものだったため、ナダルはボレーができず、ネット前でそのまま走りながらの股抜きショットを選択。


ツォンガはこれを返せず、ナダルのポイントに。この機転を利かせたナダルのプレーに、会場は大興奮。ツォンガも拍手を送った。


このプレーはTennis TVの公式Twitterでも動画で投稿されており、ユーザーからは「ネットでの股抜きショットなんて見たことがない」、「信じられない」といったコメントが寄せられている。また、今大会ではペールが2球連続での股抜きショットを披露しており、「今週のベスト股抜きショットはペールかナダルだ」といったコメントも挙がった。


ナダルはリードを守ったまま7-6(4)、6-1で勝利し、6年ぶりに「ATP1000 パリ」で準決勝へ進出した。


あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「フェデラー」のニュース

次に読みたい関連記事「フェデラー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ロジャー・フェデラー」のニュース

次に読みたい関連記事「ロジャー・フェデラー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アンディ・マレー」のニュース

次に読みたい関連記事「アンディ・マレー」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月3日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。