フェデラー 4年ぶりにジョコビッチに勝利し決勝Tへ。ウィンブルドンの雪辱を果たす

フェデラー 4年ぶりにジョコビッチに勝利し決勝Tへ。ウィンブルドンの雪辱を果たす

「Nitto ATPファイナルズ」(イギリス・ロンドン/11月10日~17日/室内ハードコート)の大会5日目、男子シングルスのグループ「ビヨン・ボルグ」第3戦で、世界3位のロジャー・フェデラー(スイス)が世界2位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦。6-4、6-3でフェデラーが勝利し、決勝トーナメント進出を果たした。フェデラーはジョコビッチから4年ぶりの勝利を挙げた瞬間、飛び上がりながら雄叫びを上げた。

両者は過去に48度対戦しており、フェデラーが22勝26敗。ツアー最終戦でも過去5度対戦しており、フェデラーが2勝3敗(2014年の不戦敗を除く)。また、対ジョコビッチ戦は5連敗中となっており、最後に勝利したのは2015年のツアー最終戦でのこと。直近では7月の「ウィンブルドン」決勝で、4時間57分の死闘の末にジョコビッチに敗れていた。


第1セット、序盤でブレークに成功したフェデラーがそのリードを守って先取。続く第2セットでは第5、第9ゲームでブレークし、ストレートで勝利した。ジョコビッチにブレークポイントを握られたのは第2セットの第4ゲームでの1本だけ。対するフェデラーは両セットを通じて7本のブレークポイントのうち3本を決めていた。


フェデラーはこの試合、サーブが好調。ファーストサーブでのポイント獲得率が81%と高く、第1戦で90%のリターン成功率を誇ったジョコビッチが54%しかリターンを返すことができなかった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ウィンブルドン 女子
  2. ウィンブルドン 決勝
THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2019年11月15日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ウィンブルドン + 女子」のおすすめ記事

「ウィンブルドン + 女子」のおすすめ記事をもっと見る

「ウィンブルドン + 決勝」のおすすめ記事

「ウィンブルドン + 決勝」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「全豪オープン」のニュース

次に読みたい関連記事「全豪オープン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。