ナダル「家族やチームの支えがなければ僕はここにいない」。33歳での年末1位に喜び

ナダル「家族やチームの支えがなければ僕はここにいない」。33歳での年末1位に喜び

「Nitto ATPファイナルズ」(イギリス・ロンドン/11月10日~17日/室内ハードコート)の大会6日目。男子シングルスのグループ「アンドレ・アガシ」第3戦で、ラファエル・ナダル(スペイン)がステファノス・チチパス(ギリシャ)を破ったあと、ナダルの年末1位を称えるセレモニーが行われた。

大会5日目に行われたノバク・ジョコビッチ(セルビア)とロジャー・フェデラー(スイス)の試合で、世界2位のジョコビッチが敗れたため、世界1位のナダルがそのまま年末1位になることが確定していた。


ナダルが年末1位になるのは、2008、2010、2013、2017年に続き、今回で5回目。ちなみに、2004年以降に年末1位になったのは、16年間でナダル、フェデラー、ジョコビッチ、アンディ・マレー(イギリス)の4人だけ。さらに2016年のマレーを除くと、それ以外の3人が5回ずつとなっている。


また、最多記録はピート・サンプラス(アメリカ)の6回で、ナダル、フェデラー、ジョコビッチの3人がその記録に続く形となった。
※引退済みのジミー・コナーズ(アメリカ)も5回の記録を持っている


セレモニーでは今シーズンのナダルの名シーンが上映された。そして大きなトロフィーを手にしたナダルは「このトロフィーを何度も手にすることが出来るのは大変光栄なことだ」と語った。


そして「今シーズンは怪我も多かったが、33歳になって年末1位になることができて、とても嬉しい」と語った。これまでの年末1位の最年長記録はジョコビッチの31歳(2018年)。それを2歳上回る33歳での記録はとても嬉しかったようだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2019年11月16日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「フェデラー」のニュース

次に読みたい関連記事「フェデラー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ロジャー・フェデラー」のニュース

次に読みたい関連記事「ロジャー・フェデラー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アンディ・マレー」のニュース

次に読みたい関連記事「アンディ・マレー」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。