各国のトップ選手が大集結!「ATPカップ」出場国・出場選手と組分け発表

各国のトップ選手が大集結!「ATPカップ」出場国・出場選手と組分け発表

2020年1月3日から12日まで、オーストラリアのブリスベン、パース、シドニーの3都市で初開催される「ATPカップ」の出場国が出揃った。国別団体戦である「ATPカップ」に出場するのは全24ヶ国。4ヶ国ずつ6グループに分かれ、グループAとFがブリスベンで、BとDがパースで、CとEがシドニーで、それぞれ6日間かけてグループステージを戦う。各組1位の6チームと、2位の中から成績上位の2チームがシドニーで行われる決勝トーナメントに進出する。

対戦は、まずシングルス2試合、最後にダブルス1試合が行われる。シングルスは普通の3セットマッチだが、ダブルスはノーアド(デュースになったら次の1ポイントを取った方がゲームを取れる)で、セットカウント1-1になるとタイブレークに突入する。


出場国は、各国で最高位の選手のランキングに基づき、上から24ヶ国が選ばれた。だからもちろん、最高位の選手が世界3位のロジャー・フェデラーであるスイスは出場するはずだったのだが、フェデラーは1年のスケジュールを熟考の結果、この期間は休んで家族と過ごしたい、と出場を辞退。出場国が最終的に決定した11月13日時点で世界16位だったスタン・ワウリンカ(スイス)は彼より前に出場辞退を発表していたので、スイスはこの大会に出場しないことになり、スイスのフェデラーファン、そして世界中のファンをがっかりさせた。


フェデラーは、11月には中南米へのエキシビション・ツアーを、来年2月には南アフリカでラファエル・ナダル(スペイン)とのエキシビションマッチを予定している。どうしてエキシビションは行うのに「ATPカップ」に出場しないのかと問われ、「中南米へのツアーはずっと計画していながら、膝を痛めたり、子供が生まれたりして長い間実行できず、やっと実現にこぎつけた。ナダルとの試合もここ数年ずっと実現しようとしていて、ようやく望みが叶った。“ATPカップ”に出場できないことはファンのみんなに申し訳ないが、苦渋の決断なんだ」と語った。


あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2019年11月22日のスポーツ総合記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。