「東京でプレーしたい」。2連覇中のマレーも東京五輪へ参加の意向

「東京でプレーしたい」。2連覇中のマレーも東京五輪へ参加の意向

現在開催されている男子国別対抗戦「デビスカップ・決勝」(スペイン・マドリード/11月18日~24日/室内ハードコート)。その会見の中で、元世界1位のアンディ・マレー(イギリス)が2020年の「東京オリンピック」に出場したいと語った。マレーは2012年の「ロンドンオリンピック」で地元の声援の中、悲願の金メダルを獲得している他、2016年の「リオデジャネイロオリンピック」でも金メダルを獲得している。

米紙New York Timesによると、マレーは「オリンピックでのプレーは本当に楽しい。チームの雰囲気も、国のために戦うこともいつも楽しいんだ」「だから東京でプレーしたい」と語っている。


マレーは2008年の「北京オリンピック」でオリンピックに初出場。当時すでに世界6位と優勝候補の一角でありながら、マレーは1回戦で世界77位の選手にまさかのストレート敗退を喫していた。


しかし、2012年に母国で行われた「ロンドンオリンピック」では大活躍。準決勝では当時世界2位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)を、決勝では当時世界1位のロジャー・フェデラー(スイス)をいずれもストレートで破り、母国でシングルスの金メダルを獲得した。マレーはこの年、「全米オープン」でもグランドスラム初優勝を飾っている。


さらに2016年の「リオデジャネイロオリンピック」でもシングルスで金メダルを獲得。オリンピックで2連覇の偉業を達成した。この年は「ウィンブルドン」でも優勝し、念願の年末1位にも輝いている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る 2019年11月22日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「五輪」のニュース

次に読みたい関連記事「五輪」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東京五輪」のニュース

次に読みたい関連記事「東京五輪」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。