「デビスカップ」観客席の状況にSNSで場外バトル発生「本当に15人?」

「デビスカップ」観客席の状況にSNSで場外バトル発生「本当に15人?」

スペインで最も成功したサッカー選手の一人ジェラール・ピケの発案でフォーマットを変更し、論争を巻き起こした「デビスカップ」決勝ラウンド(スペイン・マドリード/11月18日~ 24日/室内ハードコート)に空席が目立つ。これについて、ピケは投資を約束した30億ドル(約3,260億円)がオウンゴールとならないことを願っていると、米ニュースメディアKOAM News Nowが伝えている。

新フォーマットを採用した「デビスカップ」について、「全仏オープン」ベスト4の経験を持つフィリップ・デブルフ(ベルギー)が、ガラガラの客席の写真と「こっち側の客席には15人しかお客さんがいない」というコメントをベルギー対コロンビア戦の前にツイートしたことに対し、ピケが反論。「本当に15人?」と大勢が映っている写真を、泣き笑い顔の絵文字を数個つけて返信した。


だが、話はそこで終わらなかった。女子の国別対抗戦「フェドカップ」で優勝したばかりのアリゼ・コルネ(フランス)も「ジェラール、あなたが本物の“デビスカップ”に行ったことがないって分かるわ!本物はそんなじゃないから」と話題に参入。「フェドカップ」も来年4月にブダペストで開催される大会から1週間のイベントに変更される予定になっている。


もはやデビスカップではない


「デビスカップ」新フォーマットに対し、最も強く抗議しているのはアレクサンダー・ズべレフ(ドイツ)だ。彼は「このフォーマットでは、もはや“デビスカップ”とは呼べない。ホーム&アウェイでこそ“デビスカップ”なんだ。分かって欲しいんだけど、“デビスカップ”は賞金とか賞品とかのためだけにやる大会じゃないんだ。100年以上続くテニスの歴史なんだ」と、「Nitto ATPファイナルズ」でレポーターに話していた。ズベレフは旧フォーマットと同じホーム&アウェイ方式の予選1回戦を母国のために戦ったが、決勝ラウンドへの出場は辞退している。


あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「全仏オープン + 錦織圭」のおすすめ記事

「全仏オープン + 錦織圭」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「全豪オープン」のニュース

次に読みたい関連記事「全豪オープン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュース

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月24日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 全仏オープン 錦織圭

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。