2010年代の男子テニスで最も記憶に残る名試合10選。GS決勝最長試合などが選出

2010年代の男子テニスで最も記憶に残る名試合10選。GS決勝最長試合などが選出

今年の「Nitto ATPファイナルズ」や「デビスカップ」も終了したことで、2010年代の男子テニス公式戦は幕を閉じた。イギリスのスポーツ専門チャンネル、Sky Sportsが、2010年代の男子テニスで最も記憶に残る試合を独自に10試合選び、発表している。

■2012年「全豪オープン」決勝
○ノバク・ジョコビッチ(セルビア) 5-7、6-4、6-2、6(5)-7、7-5 ●ラファエル・ナダル(スペイン)
フルセットに及んだこの試合は、5時間53分というグランドスラムの決勝として最長記録を誇っている。試合が終わったのは深夜の1時37分。疲労で立っているのも辛い二人のために、セレモニーでは椅子が用意されるほどの死闘を演じた両者の熱い戦いはもはや伝説となっている。


■2012年「全米オープン」決勝
アンディ・マレー(イギリス) 7-6(10)、7-5、2-6、3-6、6-2 ●ジョコビッチ
マレーが5度目のグランドスラム決勝進出を果たすと、フルセットで前年優勝のジョコビッチを撃破。自身初のグランドスラム優勝を果たすと同時に、自身のグランドスラム100勝を達成した。


■2013年「全豪オープン」4回戦
○ジョコビッチ 1-6、7-5、6-4、6(5)-7、12-10 ●スタン・ワウリンカ(スイス)
前年覇者のジョコビッチにフルセットの末に敗れたワウリンカ。翌年の「全豪オープン」ではジョコビッチとナダルを破り、グランドスラム初の決勝進出で初優勝を成し遂げた。


あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「全豪オープン + 錦織圭」のおすすめ記事

「全豪オープン + 錦織圭」のおすすめ記事をもっと見る

「全豪オープン + 決勝」のおすすめ記事

「全豪オープン + 決勝」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュース

次に読みたい関連記事「ウィンブルドン」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月26日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. 全豪オープン 決勝
  2. 全豪オープン 錦織圭

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。