フェデラー「テニスを辞める理由がない」引退へのカウントダウンはまだ先か

フェデラー「テニスを辞める理由がない」引退へのカウントダウンはまだ先か

ロジャー・フェデラー(スイス)は、38歳までプレーすることは想像していなかったと認めながらも、気持ちが続く限り「やめる理由はない」と考えていることを、英Sky Sportsが伝えている。

フェデラーは「Nitto ATPファイナルズ」準決勝でステファノス・チチパス(ギリシャ)に敗れて今シーズンを終えたが、4つのタイトルを獲得し、ジミー・コナーズの持つATPツアー最多優勝109回という記録にあと6勝で追いつくところまできて、今年も良いシーズンだったと感じているようだ。


しかし「ウィンブルドン」決勝ではノバク・ジョコビッチ(セルビア)に対して二度のマッチポイントを握りながら、今年導入された最終セットタイブレークの末に敗れ、タイトルを追加することができなかった。


引退を検討しているか尋ねられ、フェデラーは「正直に言うと分からないんだ。今は気分が良くて、人生も、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)や他の選手と対戦することも楽しんでいるよ。だから、テニスを辞める理由がないんだ。もちろん、年齢と共にすべてのことが少しずつ難しくなる。でも同時に、経験を積むことで、より多くの喜びを味わうこともできる。だから、僕がどうやってキャリアを終えるのか、本当に分からないんだ。いくらか感情的になるかもしれないし・・・それもいいね。分からないけれど、すべてがうまくいくことを願っているよ。全てのプロセスがそんなに困難でなければいいと願ってる」と語った。


あわせて読みたい

THE TENNIS DAILYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「アンディ・マレー」のニュース

次に読みたい関連記事「アンディ・マレー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スタン・バブリンカ」のニュース

次に読みたい関連記事「スタン・バブリンカ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スタン・ワウリンカ」のニュース

次に読みたい関連記事「スタン・ワウリンカ」のニュースをもっと見る

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月25日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。